*

米津玄師のloserの歌詞の解釈と意味

公開日: : 最終更新日:2017/06/29 米津玄師

米津玄師の新曲loserの歌詞の解釈がまた少し難解でした。

意味不明のところもありますが彼の本音を綴った歌という仮説のもとにloserの歌詞を読みといてみました。

煩悶しているようにも見えるMVの踊りの意味とも合致するようです。

photo02

米津玄師はこれまで順調なペースで創作的なアルバムをリリースしてきてメジャーになりました。

2012年5月16日 1stアルバム「diorama」をリリース

2014年4月23日 2ndアルバム「YANKEE」をリリース

2015年10月7日 3rdアルバム「Bremen」をリリース

時期的には3rdアルバム「Bremen」の次がそろそろうまれても良いのではないでしようか。

それとも今は産みのくるしみを味わっているのでしょうか。

私には天才の思いは想像もつきません。

新曲loserの歌詞を見たときも、米津玄師が何を言おうとしているのか私にはすぐにはわかりませんでした。

歌詞を何度か読み返しているうちにひとつの仮説が浮かんできました。


コレは米津玄師が自分のことを歌っているのではなかろうか?


※23日のZEPインタビューで米津玄師loserは自分のことを書いていると答えました。

彼は家でゲームばかりしている自分を負け犬ととらえているようです。

仮説としてloserの歌詞を解釈してみたのですが、米津玄師の説明により仮説でなく真実となりました。





loserの歌詞の意味と解釈

loserの歌詞は一番下に添付しました。

loserの歌詞の解釈と一部歌詞の意味です。

米津玄師が自分のことをうたっているのではないかと思ったきっかけは

loserの歌詞にある語句「四半世紀の結果できた 青い顔のスーパースター」です。

米津玄師は丁度25才なのです。

米津玄師の性格では自分のことを「スーパースター」とは言わないでしょうから「スーパースター」はマスコミが作り上げた虚像と解釈しました。




いつもと同じような環境での生活には嫌になった。

このままでは何か新しいものが生まれるわけがないのに

夢を見ながら寝るしかない日常

僕たちはこんなむなしい夜に別れを告げるために踊りだす




無我夢中で歩んできた。

たどり着いたここは楽園なのかはわからない。

25才になる虚像のスーパースター(米津玄師が自分のことを たぶんそう思っている)は

青い顔して 湧き出ないエネルギーに笑うしかない。


俺は負け犬だ。

だから本能のまま吠えてもいいだろう。

もう一回我々の本音を発信しようぜ。

ずうと前からあったけど、いつか隠してしまっていた本音の歌を。


周りが何を言おうが知ったことじゃない。

かっこつけてみてもしょうがない。

立ち上がるための勉強が一番心が安らぐ。


自意識抱えながら考えても満足できるものは何も生まれない。

自分が飽きてしまえば、消えるのはわけもない。


みんなと一緒に進みたいなら声にだして言おう。

思っているだけじゃみんなの楽園は遠くへ行ってしまう。

分かっている 自分は深く落ち込んでいる負け犬だ。

だからどこでもいいから遠くへ行きたいんだ。


耳をすませば 響きだしてくる音をなんとしても捕らえたい。

俺は負け犬。

満足できるものを何も産まないならどうなったっていいだろう。



みんなと一緒に進みたいなら声をあげよう。

思っているだけじゃ楽園は遠くへ行ってしまう。

まず踊りに挑戦してみよう。

手かがりが浮かんでくるまで踊りあかしてみようぜ。

隠していた本音が分かったのなら声出していこう。


俺は負け犬だ。

だから犬の遠吠えでいいんだ。

本音を通していこう。

ずっと前から自分の本音は聞こえていたんだ。

踊って踊って本音と格闘して満足できる何かを産みだそう。


踊りながら求めるものを追求する米津玄師


米津玄師のloserの歌詞を上のように解釈しました。

そうするとMVでの米津玄師のパフォーマンスの意味が見えてくる気がします。




CDシングル loser/ナンバーナインの発売日

CDシングル loser/ナンバーナインの発売日は9月28日です。

販売形態は3種ですが初回限定版のどの種類にも「米津玄師 2016 TOUR / はうる」チケット最速先行応募券が封入されています。

・LOSER盤 /初回限定(CD+ドッグタグ+ルーズパッケージ) ¥ 1,950(tax out)

・ナンバーナイン盤 /初回限定(CD+DVD+7inchサイズギャラリーパッケージ) ¥1,800(tax out)

・通常盤(CD) ¥1,200(tax out)

米津玄師 loser歌詞


いつも通りの通り通り こんな日にもはや懲り懲り

もうどこにも行けやしないのに 夢見ておやすみ

いつでも僕らはこんな風に ボンクラの夜に飽き飽き

また踊り踊り出す 明日に出会うためにさよなら



歩き回ってやっと着いた ここはどうだ楽園か? 今となっちゃもう分からない

四半世紀の結果できた 青い顔のスーパースターが お腹空かして笑ってる

I’m a LOSER どうせだったら遠吠えだっていいだろう

もう一回 もう一回 通せ 僕らの声

I’m a LOSER ずっと前から聞こえてた

いつか ポケットに隠した声が

ああだのこうだの知ったもんか 幸先の空は悪天候

ほら窓から覗いた摩天楼 照らすが塵のよう

やんも変わるも昔の人よ また襟立ててもしょうがないの

今立ち上がるためのお勉強 ほがらかな表情

踊る阿呆に 見る阿呆 我らそれを傍から笑う阿呆

でかい自意識抱えこんではもう摩耗 すり減って残るすっぱい葡萄

膝抱えても何もねえ ほら 長い前髪で前が見えねえ

笑っちまうね パッと飽きたって フワッと消えちゃえるこんなリンネ



愛されたいならそう言おうぜ 思ってるだけじゃ伝わらないね

永遠の宿所もそっぽ向いて 天国は遠く向こうの方へ

ああ 分かってるって 深く転がる 俺は負け犬

ただどこでもいいから遠くへ行きたいんだ それだけなんだ



耳を澄ませ 遠くで今 響きだした音を逃すな 呼吸を整えて

いつかは出会えるはずの 黄金の色した夜ライト きっと掴んで離すな



I’m a LOSER 何もないならどうなったっていいだろう

歌いだして フワフワして いちゃう前に はいさよなら

I’m a LOSER 「きっといつか」って願うまま

進め ロスタイムのそのまた奥へ行け




愛されたいならそう言おうぜ 思ってるだけじゃ伝わらないね

永遠の宿所もそっぽ向いて 天国は遠く向こうの方へ

ここいらで一つ踊ってみようぜ 夜が明けるまで転がって行こうぜ

聞こえてんなら声出して行こうぜ

I’m a LOSER どうせだったら遠吠えだっていいだろう

もう一回 もう一回 通せ 僕らの声

I’m a LOSER ずっと前から聞こえてた

いつか ポケットに隠した声が

ここいらで一つ踊ってみようぜ 夜が明けるまで転がって行こうぜ

聞こえてんなら声出して行こうぜ





関連記事

米津玄師アイネクライネの歌詞の解釈と意味

新曲「ナンバーナイン」フル試聴できるルーヴル特別展!!BDと日本漫画と米津玄師のイラストも鑑賞!!

米津玄師アンビリーバーズの歌詞と意味

米津玄師 3rdアルバムBremenの視聴ができる?特典は?

米津玄師CDアルバムBremenの意味と心

ZIP米津玄師の顔と音楽を追う

米津玄師ゴーゴー幽霊船の歌詞の解釈と意味

スポンサードリンク

関連記事

ZIP米津玄師の顔と音楽を追う

9月17日のZIPで「10年に1度の才能」といわれている米津玄師の紹介がされました。 米津玄師の顔

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

疲れ目解消法は1分で!!ためしてガッテン2017年7月19日

2017年7月19日のためしてガッテンは疲れ目の原因と解消法を放送しま

カート少年元F1井出 有治さんが応援グータッチ2017年7月8日

小学3年生のカート少年の白井京之介君を元F1ドライバー井出 有治さんが

カート少年元F1井出 有治さんが応援グータッチ2017年7月1日

小学3年生のカート少年の白井京之介君を元F1ドライバー井出 有治さんが

芦田愛菜がやりたかったこと!!櫻井・有吉夜会

2017年6月29日の櫻井・有吉夜会は芦田愛菜がやりたかったことに挑戦

健康食納豆の食べ方は?ためしてガッテン

健康食納豆糸をひいたりねばねばするのが特徴です。 そんな納豆のお

→もっと見る

PAGE TOP ↑