*

新曲「ナンバーナイン」フル試聴できるルーヴル特別展!!BDと日本漫画と米津玄師のイラストも鑑賞!!

公開日: : 最終更新日:2016/07/15 イベント, 米津玄師

7月に入り米津玄師が悩みつつ長期間かけて描き下ろした新作イラストがルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」でBDや日本漫画とともに鑑賞できることが発表されました。

ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」の公式イメージソングである米津玄師の新曲「ナンバーナイン」もフル試聴できます。

若者に人気のシンカーソングライターの米津玄師は音楽作詞作曲だけでなくイラストも描く稀有な才能を持っています。

米津元帥は、今までリリースしたアルバム楽曲のMVには自分が描いたイラストで楽曲の内容を表現したりしてきました。

そのイラストはアメリカの絵本作家エドワード・ゴーリーに影響を受けたといいます。

下の絵がエドワード・ゴーリーの絵です。

タッチは似ていますが、米津玄師が描くイラストの方が表情が豊かで明るい感じがします。

22

米津玄師は漫画家という夢もあったといいます。

今回米津の描いたイラストが有名な漫画家たちの作品と共に展示されることについて米津はコメントを出しています。

「僕の絵が偉大な漫画家達と同じ空間に展示されるという事で、とても恐れ多かったのですが、自分なりにやれるだけの事はやろうと思い、この絵を描きました」

新曲「ナンバーナイン」も会場音声ガイドにて、フル試聴ができるとのことです。


7月22日~9月25日には東京・森アーツセンターギャラリーでルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」が開催されます。

入場料は前売券が一般 1500円、高・大学生 1000円、小・中学生 400円です。

当日券は一般 1800円、高・大学生 1200円、小・中学生 600円です。

特別展は東京会場での展示が終わったあとは、大阪、福岡、名古屋を巡回します。


米津玄師が作曲した公式イメージソング「ナンバーナイン」とは


「ナンバーナイン」とはフランス語圏の漫画を指す9番目の芸術を意味しています。

この曲について米津玄師は「ROCKIN’ON JAPAN」6月号のインタビューで語っています。

「古いものと新しいものを繋げるにはどうしたら良いんだろう、どういうふうに繋がってきたんだろうとかいろいろ考えているうちにたどり着いたのがこの“ナンバーナイン”っていう曲です」


会場音声ガイドにて、「ナンバーナイン」のフル試聴ができるとのことです。


米津玄師が出展するイラストとは


展示会の開催に先駆けて、米津玄師のイラスト画「ナンバーナイン」が制作されました。

作品を手がけた米津玄師は「ルーヴル No.9という今回の企画において僕の絵が偉大な漫画家達と同じ空間に展示されるという事で、とても恐れ多かったのですが、自分なりにやれるだけの事はやろうと思い、この絵を描きました」とコメントを発表しています。

7月14日のめざましテレビでこの米津玄師が出展するイラストがクローズアップされていました。

米津玄師はイラストに掛ける思いを語っています。

「小中学生の時は漫画ばかり読んでいたし、自分でも書いていたし、その時の経験が今のもとになっている

漫画家というのはあこがれるし今でもなりたいなあと思う。」


「イラストの製作は悩んでいる時間の方が長かったりして、悩むだけで1週間使ったりする」

「へたなりにやりたいことは全部やった。自分が気持ちいいところに進んでいったらこうなった」



今回のルーヴル美術館特別展に出す作品1枚にも制作に20日間かけているとか。

その作品が子供が宙に浮かんでいるイラストです。

news_header_No9_goods_webnews
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」とは


フランス語圏にはbande dessinee(バンドデシネ)というベルギー・フランスを中心とした地域の漫画が存在します。

略称B.D.(ベデ)ともよばれるバンデシネという漫画は「第9の芸術」と位置づけられています。

技巧を凝らしたフルカラーの美しい作品はアートとしても価値が高いとされています。

原画は高値で販売されたり、美術館に展示されることも多いそうです。


top

ルーヴル美術館はルーヴル美術館の魅力を伝えるために新プロジェクト「ルーヴル美術館BDプロジェクト」を立ち上げました。

「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」は漫画という表現方法を通して、より多くの人々にルーヴル美術館の魅力を伝えるためにこの新プロジェクト「ルーヴル美術館BDプロジェクト」の一環
として開催されるものです。

「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」は漫画家たちにルーヴル美術館をテーマに自由に作品を描いてもらうという企画です。

フランス内外の著名なマンガ家が多数参加しています。

日本から参加する漫画家は荒木飛呂彦や谷口ジロー、松本大洋がいます。

<関連記事>

米津玄師アンビリーバーズの歌詞と意味

米津玄師アイネクライネの歌詞の解釈と意味

米津玄師 3rdアルバムBremenの視聴ができる?特典は?

ZIP米津玄師の顔と音楽を追う

米津玄師ゴーゴー幽霊船の歌詞の解釈と意味

米津玄師CDアルバムBremenの意味と心

スポンサードリンク

関連記事

千葉初日の出穴場2018

2018年の千葉県内の初日の出の穴場を紹介します。 千葉県房総半島の海岸線は総延長が533.5

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
三田杏・ナゼ 介護士から“AV女優”に!?

2018年5月18日の「じっくり聞いタロウ」は19歳で介護士から“AV

no image
香西かおりの家族との生活・徹子の部屋

昨年、認知症を患っていた母が亡くなりました。 母に寄り添うため、

no image
橋爪功の思い出と現在・徹子の部屋

2018年5月24日の徹子の部屋は橋爪功がゲストです。 橋爪功は

no image
小柳ルミ子の母の思い出・徹子の部屋

2018年5月22日の徹子の部屋のゲストは16年ぶりの出演となる歌手・

no image
北朝鮮旅行わからなったことは?ヒット歌手体験談

2018年5月19日のじっくり聞いタロウに出演したのはB-DASHとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑