*

上田孝 社長・サノヤスホールディングス株式会社の船造りの秘密とは

公開日: : 最終更新日:2018/09/20 トレンド

2018年9月9日放送の「知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~ 」は世界の大海原をめぐる大型貨物船を建造する「サノヤスホールディングス株式会社」の特集です。

佐野川谷安太郎が大阪で造船業として1911年に創業したサノヤスは今年4月で創業106年を迎えました。

番組では“まごころ”をこめた100年企業の船造り、その人財力&技術力の真髄に迫ります!

サノヤス造船の主力は82,000トンもの荷物を積める大型貨物船です。

1隻の建造には約10カ月間、1,000人近くの人が携わります。

その建造に重要な手作業、1人1人の技術と想い、100年以上技術を守り続けている船造りの秘密とは!




サノヤスホールディングス株式会社


サノヤスは1911年に佐野川谷安太郎が大阪で造船業として創業し、今年4月で創業106年を迎えました。

戦後2度の造船不況を乗り越え、2012年に持株会社・分社化による会社組織の再編を行い今日に至ります。

ホールディングス体制の下、造船業をコアの事業とする一方、造船以外の事業である陸上・レジャー事業を二つ目のコア事業とし、

バランスの取れた事業体を目指しています。

 

スポンサーリンク




 

サノヤスホールディングス代表取締役社長 上田孝


上田 孝はサノヤスホールディングス代表取締役社長、サノヤス造船代表取締役社長、日本造船工業会副会長を務めています。

1975年神戸大学経済学部卒業、住友銀行(現三井住友銀行)入行。

2002年三井住友銀行執行役員大阪本店営業第一部長。

2005年常務執行役員大阪本店営業本部長。

2007年SMBCセンターサービス代表取締役社長。2

008年サノヤス・ヒシノ明昌副社長執行役員。

2009年からサノヤス・ヒシノ明昌代表取締役社長を務め、2011年には持株会社化してサノヤスホールディングスに改組し、同社代表取締役社長に就任。

2012年サノヤス造船代表取締役社長。

日本造船工業会副会長も務めています。


サノヤスの技術力


サノヤスでは大型船の造船は、水島臨海工業地域の南端にある水島製造所で行っています。

水島製造所ではパナマ運河を航行できる最大船型であるパナマックスバルカーシリーズは100席を超える竣工実績があります。

サノヤスは中堅造船会社といっても、、敷地は287,000平方メートル(甲子園球場約7個分)、ドックだけで長さが675メートル、幅63メートルもあり、

同時に2.5隻の製造・修繕を行うことができます。

敷地内にはリゾート・ホテル(倉敷シーサイド・ホテル)を持っていて、ホテルのマイクロバスで造船所の見学ツアーができます。



大型船の造船は船台式よりもドック式の方が造りやすいので、サノヤス造船水島造船所では、ドック式を採用しています。

敷地内にあるゴライアス・クレーンは、ドックを挟む門型の超巨大クレーンで、ドックの左右に敷いたレールで前後に動かせます。

1基あたり800トンの重量を吊ることができ、2基を使い最大1,600トンの超重量物でも吊り上げ・下げることができます。


大阪製造所では修繕やLPG向船向けの独立式タンクの製造事業を行っています。

高速エンジン専用整備工場を設け、大型エンジンの整備業務を2016年時点では一手にになっています。

スポンサードリンク

関連記事

no image

芸能人ツィッター動画ランキングベスト5!!めざましテレビ

2019年2月15日のめざましテレビが編集した芸能人ツィッター動画ランキングベスト5です。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
FIRE TV STICKが故障!!電源ケーブルを交換したら復旧した。

我家のFire TV Stick 4Kが故障した。 結構酷使され

no image
おれおれ詐欺の電話がかかってきた!対策は?

昼下がりにその非通知の電話がかかってきました。 その電話主は

no image
水を吸わず油だけを吸う新油吸着材とは?被災地で活躍!!羽鳥慎一モーニングショー

2019年9月3日の羽鳥慎一モーニングショーは 水を吸わず油だけを大量

no image
腎臓の機能が低下すると運動しても筋肉が衰える!!回復の対策は?

2019年8月13日のたけしの家庭の医学は 運動を日課にするシニアでも

no image
ギャラ飲み女子はどんな女の子?専用サイトの実態は

2019年8月9日の大下洋子ワイド!はギャラ飲み女子はどんな女の子なの

→もっと見る

PAGE TOP ↑