*

洋楽女性歌手アデルのお勧めの重低音曲は

公開日: : オーディオ

洋楽女性歌手アデルのお勧めの30Hz台重低音曲を4曲あげた。

アデルは寡作なので重低音が入る曲は見つからない不安が先だったが杞憂だった。

試聴はいつものように自作ケルトン式サブウーハーとSound Analyzer Proを使った。

アデルのリリース楽曲をデビューから現在に至るまで全部聞いた。


洋楽女性歌手アデルが使いこなす重低音


1988年5月5日生まれのアデルは現在34歳。

19才でのイギリスでのデビューアルバム「19」がチャート初登場1位を獲得。

以来自分の人生を歌うアルバム「21」「25」「30」をリリースしている。


寡作なのに『グラミー賞』を15回も受賞しているのは曲の完成度が高いのだろう。

アルバムをトータルセールスは6000万枚以上。

現存する女性洋楽歌手としては実力NO1だろう。


彼女の曲の重低音をサブウーハーで再生するとどの曲も重低音の使い方が考えつくされていることがわかる。

お勧めの曲は4曲全部としておこう。

聴いて損はない。


洋楽女性歌手アデルのお勧めの重低音曲は

★Rolling in the Deep(Jamie xx Shuffle)
2011年シングル

50Hz~32Hzへ下がる打ち込み重低音があったり、6秒間続く32Hzのシンセのブルブル重低音がが入ってきたり。

重低音の使い方がうまくコントロールされているから飽きがこない。

今まで見たアデルのMVはどれも直立不動だ。

こんな曲もアデルは直立不動で歌うのだろうか?

★Love In The Dark

2015 アルバム 25 収録曲

ボーカルの余韻に32Hzの重低音が入ってくる間がなんともいい。


★I Miss You

2015年 アルバム25 収録曲

3分25秒すぎから打ち込み重低音の音程45Hzからがだんだん下がって33Hz下がっていく。

愛しい人を失ってまるで深い孤独の闇に落ち行くように。

演出として秀逸。

★All Night Parking

アルバム30 2021年 収録曲

38Hz~60Hzの重低音が主体の伴奏


洋楽女性歌手アデルのお勧めの重低音曲は まとめ

洋楽女性歌手アデルのお勧めの重低音曲は4曲。

どの曲の重低音も彼女の楽曲が訴える情景の描写能力を高めるために使われている。

その4曲はRolling in the Deep(Jamie xx Shuffle)、Love In The Dark、I Miss You、All Night Parking。
アデルの次回のアルバムリリースはいつになるのだろうか。
スポンサードリンク

関連記事

自作サブウーハー30cmケルトン式の重低音再生性能と試聴

普通のスピーカーの周波数特性は40Hz以下の周波数のレベルは低くて重低音を聴くことができない。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク
自作サブウーハー30cmケルトン式の重低音再生性能と試聴

普通のスピーカーの周波数特性は40Hz以下の周波数のレベルは低くて重低

フルレンジFF125Kを使用した小型サブウーハー製作して重低音を聴く。

この記事ではフォステックスのフルレンジFF125Kを使用した小型ケルト

サブウーハーで聴くポスト・マローンの重低音の曲は?洋楽男性歌手編

ポスト・マローン20Hz台~30Hz台の重低音を良く使う。 20

サブウーハーで聴くザ・ウィークエンドの重低音の曲は?洋楽男性歌手編

サブウーハーは一般のスピーカーでは聴けないい40Hz台以下の低域を再生

サブウーハーで聴くドレイクの重低音の曲は?洋楽男性歌手編

ドレイクのほとんどのラップ曲は30Hz台の重低音を含む。 20H

→もっと見る

PAGE TOP ↑