*

舟木一夫の現在は?徹子の部屋

公開日: : 最終更新日:2018/08/21 トレンド

2018年8月21日の徹子の部屋は舟木一夫がゲスト出演します。

1963年に「高校三年生」で18才デビューした舟木一夫も73才になりました。

芸能生活55年です。

歌と芝居だけで良くやって来られたなと自分でも思うとか。

卒業してすぐデビューして詰襟を着て歌を歌っていました。

どこで脱げるのかなと思っていましたが、20歳までは着ていました。

夏は大変だったとか。



1960年代を中心にヒットを飛ばし、御三家と呼ばれた人気絶頂の時代を迎えました。

デビュー後3年間休みは1日もなかったといいます。

ところが30代後半から40歳前半まで仕事に恵まれない不遇時代が続くことになりました。


地方の温泉や健康ランドの営業ではマネージャーを雇う余裕がなかったので衣装を持ってひとりで移動しました。

衣装のアイロンかけなど全部自分でこなしたといいます。

そのままダメになるとは思いませんでした。



42ぐらいがどん底でした。

47才頃の頃には仕切り直しかなと漠然と思ってました。

1990年頃に仕事が出てきて91年デビュー30周年プレ公演を機に主に中高年女性のアイドルとして人気再燃しました。

92年には21年ぶりに紅白出場。


60代半ばになって歌が好きだということに気が付きました。

それからは歌を歌うことが楽になりました。

お客もフレンドリーになってきたとか。

男性のお客も戻ってきているとか。



1997年には念願でもあった新橋演舞場での初座長公演を行うことになりました。

今や同世代男女の観客で満員の劇場です。

スタッフが驚いて「大変です!男子トイレに行列が出来ています!」と報告に来たほどでした。




歌手デビューと共に大河ドラマにも出演しました。

その時共演した長谷川一夫さんの映像を観ながら交友秘話や失敗談などを語ります。

歌手デビューと共に大河ドラマにも出演。


舟木一夫は1964年1月から放送されたNHKで放映された2作目の大河ドラマ・赤穂浪士に出演しました。

赤穂四十七士の矢頭右衛門七役でした。

主役の大石内蔵助に大映の看板俳優で後に国民栄誉賞を受賞する長谷川一夫でした。

討ち入りで失敗しました。

時代劇の走り方知らずにカットって言われたときに普通に走って大将の横まで行ってしまいました。

「初めて時代劇分かりません。教えてくださいって言いました。」とあいさつしました。

林与一にフォローしなさいって言ってくれました。

20歳の頃長谷川一夫のメイクをみようとおもって楽屋へ行きました。

「じゃあこれからメイクするからねって」長谷川一夫が言いました。

それは返ってくださいっていう合図でした。

それでもどうぞって言ってじっと見ていました。

等々最後まで見てしまいました。

後で番頭さんが来て図々しいよって言われました。






スポンサードリンク

関連記事

no image

染み抜きの神様直伝の方法とは!!魔法水の作り方も紹介

2018年5月15日のNスタでは衣類の「染み抜きの神様」と呼ばれる達人の方法を紹介しました。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
プロ厳選絶品タレは第2弾!!Kinki Kids のブンブブーン

2018年9月8日の「Kinki Kids のブンブブーン」はプロが厳

no image
今田美桜 の事務所社長の画像が検索されるわけは

今田美桜の事務所 社長の画像が検索されるわけは、今田美桜の話題の多さに

no image
血糖値を安定させて快眠を呼び込む間食技とは?ガッテン

2018年12月12日のガッテン は血糖値を安定させることが快眠を呼び

no image
今田美桜の水着より色っぽい衣装は!!インスタがすごい人気

今田美桜の魅力は一言でいえば若さあふれる健康美でしょうか。 水着

no image
志尊淳の女芸人NO.1決定戦THE Wの見所紹介!準決勝を観戦済み

女芸人NO.1決定戦THE Wが2018年12月10日開催されるにあた

→もっと見る

PAGE TOP ↑