*

レモンザムライ鈴木のおいしいレモンサワー作り方

公開日: : グルメ, トレンド

レモンザムライ鈴木慶洋は年間1000杯のレモンサワーを飲むつわものです。

東京目黒区に在住し、東京を中心にレモンサワーを飲んできました。


2018年7月31日にはマツコの知らない世界にゲスト出演し、美味しいレモンサワーのお店、超美味しいレモンサワーの作り方の実演・美味しいレモンサワー缶の紹介をしました。


レモンサワーの美味しさは使われる素材の質に大きく影響されます。

レモンサワーの素材とはレモン・氷・炭酸水です。

この記事ではレモンザムライ鈴木が素材にこだわった最も美味しいと思われるレモンサワーを作り方を紹介します。

レモンザムライ鈴木がこだわるおいしいレモンとは


外国産のレモンの皮は

現在国内で流通している国産レモンはたったの約9%でその中の51%が広島県産です。

そして県内でもレモンをいちばん多く出荷しているのが、尾道市瀬戸田町の瀬戸田レモンです。


瀬戸田レモンの“旬”の時期はグリーンレモンが10月〜12月 、イエローレモンは12月〜4月です。 

暖かくなって熟しきった大長レモンなら糖度は「10」を超えるのだとか! しかも酸味が和らぐので、レモンを丸ごと1個使う料理などにはこれから出荷されるレモンが最適なのだそうです。

レモンザムライ鈴木が向かったのは広島県の生口島です。

旬の時期からは外れていますがハウス栽培しているグリーンレモンが入手できました。

香が強くキリっとした酸味が特徴です。

生の瀬戸田グリーンレモンをかじりついても全然酸っぱくないとマツコは評価しました。

この時期なのに糖度が9~10度あるとレモンザムライ鈴木は言います。

酸っぱくないので確かでしょう。

【新物】【グリーンレモン】広島県尾道市瀬戸田町産レモン 1kg【防腐剤・防かび剤不使用】【ノーワックス】【皮ごと食べて安心】

レモンザムライ鈴木がこだわるおいしい氷とは


レモンザムライ鈴木は美味しい天然氷を求めて日光まで出かけました。

冬に専用の池でつくった氷を倉庫で保管してあるのです。

氷屋 徳次郎では美味しい貴重な氷なので出荷先は全て決まっていましたが、マツコの名前で少しだけ特別に入手できました。

日光天然氷のアイスボール5個セット

レモンザムライ鈴木がこだわるポーランド製ウォッカ


雑味の少ないポーランド製ウォッカ(アルティメット ウオッカ)を2ショット。

アルティメット ウォッカ 40度 750ml 正規

瀬戸田レモンを半分スクウィーズして、日光の天然氷を入れました。

日光の天然水でソーダストリームで強炭酸水を作り混合し上から瀬戸田レモンの皮を削り落として完成です。

【特典付き】ソーダストリーム全自動 Source Power スターターキット【シロップ1本(ランダム)+500mlボトル1本おまけ!】<炭酸水メーカー><炭酸水製造機><SodaStream>

レモンザムライ鈴木のおいしいレモンサワーのマツコの感想は


「凄くいい香り」

「ごくごく」

「これスゴイ。変な意味でなくて水!水飲んでいるみたい」

「何これ!」

「こんなのダメだって! これだってお酒入っているんだから」

「こんなの飲んだらダメ!人間がダメになる」

「こんなの飲んでたら(ブレーキが効かなくて)廃人になる」


以上マツコの感想は雑味か一切ないのであまりに美味しくて廃人になるという感想でした。

熱帯夜に、眠れぬ夜に最高のぜいたく品はいかがですか。

スポンサードリンク

関連記事

no image

BUMP OF CHICKENがMステに「話がしたいよ」で出演!!応援ゲストも

BUMP OF CHICKENは、2018年10月19日放送の「ミュージックステーション 2時間SP

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
東京駅のパン人気ランキングは?販売数で選定したバゲット

2019年4月17日のバゲットでは東京駅で人気のパン屋ランキングを放送

no image
顔のシミの種類と原因・取り方落とし方は?あさイチ

2019年4月15日のあさイチは「顔のシミの種類と原因・取り方落とし方

no image
コシノヒロコは現在も現役!!定番朝食メニューは?

82才になるコシノジュンコは現在も現役のファッションデザイナーとして活

no image
宇賀なつみ退社後は小料理屋の女将に!!川柳居酒屋なつみ

テレビ朝日を退社して2019年4月よりフリーアナウンサーに転身した宇賀

no image
高田秋の西船橋はしご酒での小松菜ハイボールとは!!笑ってこらえて

東京のベッドタウンともいえる船橋ですが、まだ特産品が残っています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑