*

田島貴男が歌うCM代表曲

公開日: : 最終更新日:2015/09/25 田島貴夫

田島貴男のミュージシャン経歴は1987年オリジナル・ラブからと長いものがあります。

活動範囲は広く、作詞作曲から歌手としてコンサート、アルバム、CMソング、プロモートと多面的ものがあります。

演奏活動にしても、バンドをバックで歌ったり、「ひとりソウルショウ」のような弾き語りのライブもあります。

彼が扱う音楽の範囲は広く、ポップス、ブルース、ロック、歌謡曲、ジャズ等々変幻自在な自由人です。

音楽取り組みに対する幅が広いミュージシャンなので場面場面あるいは分野ごとに代表曲をあげることが出来ます。

今回はCMソングでまとめました。
large-527a5706a3c2e
★「太陽の逃亡者」

JR北海道の冬のイメージソングとして採用されたCMです。
松任谷由美の作詞、作曲ですが、田島貴男とデュエットして田島貴男の声が良く通り、ユーミンより目立つような存在感でいます。
2004年11月10日に東芝EMIからリリースされたアルバムVIVA! 6×7の2曲目収録されています。

★「朝日のあたる道」

SHISEIDOヘアエッセンスシャンプのイメージソングです。
ふくよかでまだまだ若かりし頃の宮沢りえが愛くるしいですね。
田島貴男の作詞作曲でアルバム「風の歌を聴け」からの先行シングル曲として1994年にリリースされています。
「朝日のあたる道」はオリコンで最高12位につけました。
1994年にリリースされたアルバム「風の歌を聴け」でラストを飾っています。

★「VOLARE」
2010年1月から麒麟淡麗(生)のCMソングが田島貴男が歌うジプシー・キングスのカバーバージョンが採用されています。
田島が自ら日本語の歌詞を制作したものです。

★「なごり雪」
2011年には養命酒製造の ハーブの恵み のCMとして「なごり雪」を田島貴男が歌っています。
彼も愛着がある歌になったようです。

「なごり雪は依頼があって歌った曲だけれど、歌ってみて好きになったんだ。」
「いろんな人がカバーしている「なごり雪」のなかで、松任谷正隆さんがアレンジしたイルカさんのバージョンは、
 シティポップス風なアレンジで、僕もすんなり入っていけた。
 オリジナルのバージョンよりもイルカさんのバージョンの方が、歌詞の世界が広がっているように感じるんだな。」


★「ウィスキーがお好きでしょ」

「ウィスキーがお好きでしょ」は石川さゆりが1990年にサントリーのウイスキーCMソングとして発表した曲です。

2015年にリリースされたアルバム「ラヴァーマン」に収録されています。

田島貴男が男性歌手としての色気を感じさせつつエモーショナルに歌っています。


過去多数の歌手がカバーしていますが竹内まりや のバージョンがすばらしいです。

人生を知った女性の色気があふれ出ていています。

2010年11月3日にはシングルリリースされ、更にアルバム「TRAD」に収録されて 2014年9月10日リリースされています。



まとめ

田島貴男が歌ったCM曲はどの曲も良質なポップスで、何度も聴きたくなります。

カバー曲であっても田島貴夫の歌に昇華されているのです。

私としては「朝日のあたる道」を田島貴男が歌うCM代表曲としてあげます。

彼自身の作詞作曲の歌ですが、歌声にはいつもの もちっやり感 も少なく、さわやかさと哀愁を感じます。

まさにシャンプーの宣伝にぴったりの曲であると思います。


<関連記事>

田島貴男の水曜歌謡祭効果

田島貴男さんはNHK のThe Coversでもぶっ飛び好演、夏菜さんもぞっこん

FNSうたの夏まつり徳永英明の熱望で田島貴男とのおとなのコラボ

田島貴男最後の水曜歌謡祭に出演




スポンサードリンク

関連記事

FNSうたの夏まつり徳永英明の熱望で田島貴男とのおとなのコラボ

7月29日のFNSうたの夏まつりで徳永英明さんと田島貴男さんの「接吻」 「壊れかけのRadio」のコ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

NMB48 須藤凜々花 結婚 卒業

NMB48 須藤凜々花が 結婚と卒業を直筆で真意明かしました。

ガッテン!すりおろし・冷蔵ごぼうは健康で美味

ガッテンはすりおろしごぼうを一さじビールに入れた立川志の輔の乾杯か

藤井四段 速報 28連勝歴代1位 

中学生棋士で14才の藤井四段の速報です。 28連勝歴代1位をかけ

加藤一二三 引退決定伝説

加藤一二三九段が、最後の引退決定の一局でも伝説を残しまた。 将棋

YOSHIKIのヘッドバンギングによる障害と影響

X JAPANのYOSHIKIは長年のヘッドバンギングによる影響で首に

→もっと見る

PAGE TOP ↑