*

渡辺大の徹子の部屋・マドリード国際映画祭の受賞は予想外だった

公開日: : トレンド

2018年10月17日の徹子の部屋は渡辺大がゲスト出演します。

渡辺大は今年マドリード国際映画祭で最優秀外国語映画主演男優賞を受賞した俳優・渡辺大さんがゲスト。

渡辺大が主演をしたのは日本ワインの常識を覆した革命児たちの実話を描いた『ウスケボーイズ』です。

マドリードでは、お酒を飲みながら時間を過ごして、楽しくポーッと結構いい感じに仕上がっていたら、

突然「ウスケボーイズ!」という声が聞こえてきて「え、受賞したの?」みたいな感じだったとか。

まさか受賞するとは思わっていなかったので、スピーチも用意してなかったと明かします。


受賞の喜びを父渡辺謙に伝えた


渡辺大の父・渡辺謙がロンドンで公演中だったため、すぐに報告することもできたといいます。

ただ、8月に急逝した津川雅彦さんに報告することができなかったのが残念だと語ります。

実は10年前『徹子の部屋』初出演の渡辺さんに向けて、津川さんからメッセージをもらっていました。



 

スポンサーリンク




 


津川雅彦んの言葉


 渡辺大が俳優業でひけない環境で絶対頑張ると決意し手からは、生きている全てが無駄にならないと思うようになりました。

心底、そう考えられるようになったのは、先日、亡くなった津川雅彦さんの影響が大きかったといいます。

それは今から10年ほど前に(テレビ朝日系)「徹子の部屋」に出た時に、メッセージの言葉です。


「君は不幸な人間だ。いろいろなやっかみもある。苦労もするだろう。ただ、不幸が君を強くする」と。

それ以降も、あらゆる局面でお話をいただいたりもしたんですけど、最初のその言葉が自分に強く刺さりまして。
そこで、スッと道が拓けたと言いますか、それまでずっと悩んでいたんです。
腕があるわけじゃないので、最初からいいスタートを切って役者人生を始められたわけではない。

自分自身に腹立たしいこと、満足がいかないことが山ほどあって「ウワーッ!」となることも多々あった。
いろいろと意に沿わない展開になることもあった。
ただ、その時の感情は必ず役に立つんだと。

 漠然とは感じていたのかもしれませんけど、やっぱり経験の浅いアタマではそこまで達観はできない。
そこに、しっかりとした道筋をつけてくださったというか、確証をもらったというか。

実際、うちの親父も病気とかを乗り越えて今がある。
積極的に不幸になればいいわけじゃないけれども、不幸が訪れたとしてもそれを糧にできる仕事なんだと。


スポンサードリンク

関連記事

no image

ダレノガレ明美のトレーニングと理想のスタイルとは?

ダレノガル明美が JJの専属モデルになった時にはほぼ現在の体重の43kg前後になっていました。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
GACKTの輸出と輸入の収入とは?なんでそんなにお金あるの?

GACKTが2019年02月16日に 「徳井と後藤と麗しのSHELLY

no image
ヴィーガンのカレーが絵画みたい!!村田倫子がバゲットで紹介

2019年2月20日の日テレ「バゲット」で村田倫子が紹介したのは絵画の

no image
花粉対策グッズ2019年の東急ハンズ売れ筋ベスト3は

2019年2月19日のめざましテレビは今年の花粉症対策グッズベスト3を

no image
田島貴男の接吻のカバー曲・英語版のおすすめはShanti

田島貴男の名曲「接吻」は多くのアーティストにカバーされています。

no image
藤田菜七子がG1で実力を発揮!めざましの三宅正治も評価する技術力とは

2019年2月17日東京競馬場で開催されたフェブラリーステークス(GI

→もっと見る

PAGE TOP ↑