*

葵わかなの性格は超クール?ダウンタウンDX

公開日: : トレンド

2018年8月3日のダウンタウンDXの本音でハシゴ酒は女優の葵わかながゲスト出演しました。

20才の誕生日から5日過ぎた日が撮影日になりました。

何種かのお酒を既に飲みましたが、ビールと日本酒はまだ飲んでいないということで、ビールと日本酒を飲みながらトークを展開しました。

見えてきたのはクールで冷静な思考をする葵わかな像でした。

それを象徴するいくつかの葵わかな語録をしょうかいしましょう。

えっ!!なんでですか


苦手な男性のタイプをきかれて「俺についてこい」っていわれたら「えっ!!なんでですか」

と答えるという葵わかな。

「一緒に考えたり行動したりした方が楽しいし、対等でいい」といいます。

 
スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-9344370992241982"
data-ad-slot="6444532193">


 


毎日テンションが変わらないように意識していました。


朝ドラで共演した広瀬アリスに一人テンションが変わらず「トゥー」としていたと言われました。

「撮影も夜10時以降撮影していて周りの大人たちがみんなナチョラルハイになってハイテンションになるとそれをスゴイ冷ややかな危険な目でいた」と言いいます。

広瀬は静かに見ていないふりをしていたとか。

広瀬アリスなりに元気づけようとして「目があったら変顔する」ということを二人で始めました。

広瀬アリスは23才ですが、大人ですね。

葵わかなにこの点を訪ねると

「毎日テンションが変わらないように意識していました。」と説明を始めました。

朝ドラのでハイテンションのシーンとかあった場合、テンションがものすごく低い状態だったら大幅にテンションをあげなきゃならなくなるから、私そういうコントロールがあまり得意じゃないから、毎日

できるだけフラットでいるように心がけていたそうです。

坂上忍から「お友達とかいるんですか?」とすかさず質問が入りました。


私はあなたの話が聞きたい


葵わかないわく「私は貫きたいタイプなので、いろんな話に合わせる人とかは『私はあなたの話が聞きたいんです』と思っちゃいますね」

松本人志曰く「君が友だちできない理由がわかった。チョットめんどくさい感じ。間違ってないけどね」


あの筋肉は何のためにあるのだろう


坂上忍に苦手な男性のタイプをきかれて、マッチョなタイプと答えた葵わかな。

「俺についてこい」っていわれて「えっ!!なんでですか」と言ったら

「いいから来いって」言われそうだから。

「シルエット的にも壊そうだし、あの筋肉は何のためにあるのだろう」と松本人志を前にして話す葵わかな。

葵わかなの性格は超クール?ダウンタウンDX まとめ


天然なある意味天然で、自分の気持ちに素直に反応した言葉を恐れずに出す葵わかなでした。

坂上忍に「二十歳になられて、彼氏とか、その辺はどうなんですか」と聞かれて

「その辺ってどういう意味ですか?」とき聞いて松本人志に「きれてるの?」と聞かれたのが良い例です。

続けて葵わかなは「嘘がつけない性格で思ったことを良くも悪くもお伝えするタイプです」と自らの性格を説明しました。

思ったことがストレートに顔にでて、言葉に出る葵わかななのです。

スポンサードリンク

関連記事

no image

タモリ倶楽部で世界カップ麺特集!!お気に入りは?

タモリといえば今でもタモリカレー・タモリ生姜焼きがググられるほどの料理好きで食通。 2

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
FIRE TV STICKが故障!!電源ケーブルを交換したら復旧した。

我家のFire TV Stick 4Kが故障した。 結構酷使され

no image
おれおれ詐欺の電話がかかってきた!対策は?

昼下がりにその非通知の電話がかかってきました。 その電話主は

no image
水を吸わず油だけを吸う新油吸着材とは?被災地で活躍!!羽鳥慎一モーニングショー

2019年9月3日の羽鳥慎一モーニングショーは 水を吸わず油だけを大量

no image
腎臓の機能が低下すると運動しても筋肉が衰える!!回復の対策は?

2019年8月13日のたけしの家庭の医学は 運動を日課にするシニアでも

no image
ギャラ飲み女子はどんな女の子?専用サイトの実態は

2019年8月9日の大下洋子ワイド!はギャラ飲み女子はどんな女の子なの

→もっと見る

PAGE TOP ↑