*

レモンザムライ鈴木のおいしいレモンサワー作り方

公開日: : グルメ, トレンド

レモンザムライ鈴木慶洋は年間1000杯のレモンサワーを飲むつわものです。

東京目黒区に在住し、東京を中心にレモンサワーを飲んできました。


2018年7月31日にはマツコの知らない世界にゲスト出演し、美味しいレモンサワーのお店、超美味しいレモンサワーの作り方の実演・美味しいレモンサワー缶の紹介をしました。


レモンサワーの美味しさは使われる素材の質に大きく影響されます。

レモンサワーの素材とはレモン・氷・炭酸水です。

この記事ではレモンザムライ鈴木が素材にこだわった最も美味しいと思われるレモンサワーを作り方を紹介します。

レモンザムライ鈴木がこだわるおいしいレモンとは


外国産のレモンの皮は

現在国内で流通している国産レモンはたったの約9%でその中の51%が広島県産です。

そして県内でもレモンをいちばん多く出荷しているのが、尾道市瀬戸田町の瀬戸田レモンです。


瀬戸田レモンの“旬”の時期はグリーンレモンが10月〜12月 、イエローレモンは12月〜4月です。 

暖かくなって熟しきった大長レモンなら糖度は「10」を超えるのだとか! しかも酸味が和らぐので、レモンを丸ごと1個使う料理などにはこれから出荷されるレモンが最適なのだそうです。

レモンザムライ鈴木が向かったのは広島県の生口島です。

旬の時期からは外れていますがハウス栽培しているグリーンレモンが入手できました。

香が強くキリっとした酸味が特徴です。

生の瀬戸田グリーンレモンをかじりついても全然酸っぱくないとマツコは評価しました。

この時期なのに糖度が9~10度あるとレモンザムライ鈴木は言います。

酸っぱくないので確かでしょう。

【新物】【グリーンレモン】広島県尾道市瀬戸田町産レモン 1kg【防腐剤・防かび剤不使用】【ノーワックス】【皮ごと食べて安心】

レモンザムライ鈴木がこだわるおいしい氷とは


レモンザムライ鈴木は美味しい天然氷を求めて日光まで出かけました。

冬に専用の池でつくった氷を倉庫で保管してあるのです。

氷屋 徳次郎では美味しい貴重な氷なので出荷先は全て決まっていましたが、マツコの名前で少しだけ特別に入手できました。

日光天然氷のアイスボール5個セット

レモンザムライ鈴木がこだわるポーランド製ウォッカ


雑味の少ないポーランド製ウォッカ(アルティメット ウオッカ)を2ショット。

アルティメット ウォッカ 40度 750ml 正規

瀬戸田レモンを半分スクウィーズして、日光の天然氷を入れました。

日光の天然水でソーダストリームで強炭酸水を作り混合し上から瀬戸田レモンの皮を削り落として完成です。

【特典付き】ソーダストリーム全自動 Source Power スターターキット【シロップ1本(ランダム)+500mlボトル1本おまけ!】<炭酸水メーカー><炭酸水製造機><SodaStream>

レモンザムライ鈴木のおいしいレモンサワーのマツコの感想は


「凄くいい香り」

「ごくごく」

「これスゴイ。変な意味でなくて水!水飲んでいるみたい」

「何これ!」

「こんなのダメだって! これだってお酒入っているんだから」

「こんなの飲んだらダメ!人間がダメになる」

「こんなの飲んでたら(ブレーキが効かなくて)廃人になる」


以上マツコの感想は雑味か一切ないのであまりに美味しくて廃人になるという感想でした。

熱帯夜に、眠れぬ夜に最高のぜいたく品はいかがですか。

スポンサードリンク

関連記事

レッズ五郎丸の怪我と英語

オーストラリアのレッズに加入した五郎丸は当初は英語力のコミニケーション力は上首尾と言われていました。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
FIRE TV STICKが故障!!電源ケーブルを交換したら復旧した。

我家のFire TV Stick 4Kが故障した。 結構酷使され

no image
おれおれ詐欺の電話がかかってきた!対策は?

昼下がりにその非通知の電話がかかってきました。 その電話主は

no image
水を吸わず油だけを吸う新油吸着材とは?被災地で活躍!!羽鳥慎一モーニングショー

2019年9月3日の羽鳥慎一モーニングショーは 水を吸わず油だけを大量

no image
腎臓の機能が低下すると運動しても筋肉が衰える!!回復の対策は?

2019年8月13日のたけしの家庭の医学は 運動を日課にするシニアでも

no image
ギャラ飲み女子はどんな女の子?専用サイトの実態は

2019年8月9日の大下洋子ワイド!はギャラ飲み女子はどんな女の子なの

→もっと見る

PAGE TOP ↑