*

アミンカレダが美尻コンテスト連覇!!トレーニングの方法や次の目標は?

公開日: : 最終更新日:2019/01/08 トレンド

アミンカレダが2018年7月25日第2回『Fitness Angel Show』(美尻コンテスト)イベント参加者約570人の頂点に輝きました。

ステージでファイナリスト18人が鍛え上げた美尻を競う中、アミンは昨年のグランプリに続き、MVPを獲得したものです。

Array アミンカレダのMVPの感想は

「昨年もグランプリをいただいて、まさか今年も選ばれるなんて思って亡かったので、ビックリしています。」

と感想は謙遜していますが根はクールです。

Spice up Fitness 南青山店のジムトレーナーでモデルのアミンカレダはバングラデシュ人の父、日本人の母を持つハーフ美女です。
約2年前からジムに通い始め、お尻の筋肉を鍛える「ヒップスラスト」では80キロのバーベルをあげるまで成長しました。

アミンカレダのトレーニング

Spice up Fitness 南青山店のジムトレーナーのアミンカレダは今年にNSCAトレーナーの資格を取得し、現在は週4回ジムでトレーニングに励みます。
トレーニングのヒップスラストは、数ある下半身の筋トレの中でも、大殿筋を鍛えるのに効果絶大です。

アミンカレダは162センチで53キロの細マッチョの体形で「ヒップスラスト」が当初の49キロから、現在は80キロを挙げるまでになりました。

ヒップスラストはベンチとバーベルを使用して行うトレーニングです。

上背部をベンチや椅子などに着けて行なう。
・坐位の状態から始める
・股関節伸展の可動域が広いので大殿筋への効果は高い。
・バーベルを追加して行うのが一般的


 
スポンサーリンク
Array



 


★80kg ヒップスラスト
Array ★ヒップスラスト 自分でやるとき
Array ※パーソナルトレーニングとはトレーナーと1対1(あるいはトレーナー1人に対して数人程度の生徒)でトレーニングを行うことを指します。

アミンカレダの次の目標は

昨年のグランプリに続き、MVPを獲得したアミンカレダはインタビューでは喜んでいるコメントを発しても根はクールです。

「昨年もグランプリをいただいて、まさか今年も…。ビックリしています。本当に感無量です。楽しかったです」と約570人が参加したイベントの頂点に立った喜びを語ったアミンカレダ。


ツィターでの日ごろの発信は超クールです。

Array 要は自分のためにやっているのであって、有名になるためにやっているのではないということですね。

芸能人指向はあまりなさそうですね。


アミンカレダが美尻コンテスト連覇!!トレーニングの方法や次の目標は?まとめ

2連覇したアミンカレダですが、本人にとっては計画に従って行ったトレーニングの成果ということだけでしょうね。

ハーフで骨盤が張っている体形のメリットはあっても、初年度わずかな期間でグランプリに輝いた強い精神の持主です。

2連覇続く3連覇は約束されているようなものでしょう。

ジムトレーナーやモデルの次の転身が気になるところです。

ただツイートしている言葉が気になりますね。

別に「アミンカレダ」を有名にしたいとか、褒め称えられたいとか、チヤホヤされたいとか、そういうんじゃないんだよなぁ。
私の幸せはそこにはないんだよなぁ。
「アミンカレダ」を使って何やってくかなんだよなぁ。
興味は教えられないから、注意を引くしかないんですよね。

他人の注意を引いて何をするのでしょう。
スポンサードリンク

関連記事

no image

自衛隊の防災テクニックとは?ノンストップ紹介

2018年9月10日のノンストップでは自衛隊の防災BOOKに書かれている被災時やアウトドアで役に立つ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク
サブウーハでパソコンとFire TV 4k Maxでストリーミング配信の重低音を比較試聴

従来のFire TV 4kのオーディオ音質は24bit/44.1kHz

自作サブウーハー30cmケルトン式の重低音再生性能と試聴

普通のスピーカーの周波数特性は40Hz以下の周波数のレベルは低くて重低

フルレンジFF125Kを使用した小型サブウーハー製作して重低音を聴く。

この記事ではフォステックスのフルレンジFF125Kを使用した小型ケルト

サブウーハーで聴くポスト・マローンの重低音の曲は?洋楽男性歌手編

ポスト・マローン20Hz台~30Hz台の重低音を良く使う。 20

サブウーハーで聴くザ・ウィークエンドの重低音の曲は?洋楽男性歌手編

サブウーハーは一般のスピーカーでは聴けないい40Hz台以下の低域を再生

→もっと見る

PAGE TOP ↑