*

西野知輝・鳴門高校エースへの期待

公開日: : トレンド

鳴門高校野球部は2年ぶり12度目の甲子園出場です。

かっての徳島県は池田高校や徳島商業など甲子園でも大活躍した「野球強豪県」でした。

2018年の夏は鳴門高校が全国制覇を目指します。

鳴門高校は2018年の地方大会を2回戦からの登場で4試合を激闘の末勝ち抜いてきました。

その4試合の点数をみれば鳴門高校の打力や投手力がうかがい知れます。

地方大会の決勝でついに西野が完投勝利


地方大会では、西野が6回までは持ちこたえても抑えの上原が倒壊しているのが痛いところです。

粘りの打線で逆転勝利につなげています。

決勝戦ではエースの西野が粘りの投球で完投勝利しました。

打線も、西野も粘り勝利の感触をつかんでいるので、あとは上原が良くなれば優勝もありそうですが・・・。


★2回戦   鳴門  14-13 城南

両チーム合わせて30安打、27得点でした。
森脇稔監督は「私の継投ミス。選手がよく取り返してくれた」とナインを称えています。
鳴門は4人のピッチャーを繰り出しています。
7回まで9-6で鳴門が勝ち越していましたが、抑えの竹内と上原で7失点です。

エースの西原が6失点、上原も3失点と撃ち込まれています。
打線の奮起で勝ち取った試合でした。

西野 投球回数 6回1/3 被安打8 与四球2 奪三振5 失点6
竹内 投球回数 1回1/3 被安打3 与四球1 奪三振0 失点4
上原 投球回数 0回 被安打4 与四球2 奪三振0 失点3
石ケ谷 投球回数 1回1/3 被安打0 与四球0 奪三振0 失点0


★順々決勝  鳴門 10-0 徳島科学技研

6回コールドでしたがエースの西野が6回を好投しました。

西野 投球回数 6回 被安打5 与四球0 奪三振5 失点0


 
スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-9344370992241982"
data-ad-slot="6444532193">


 


★準決勝   鳴門  11-10  富岡西

鳴門が5点差ひっくり返す劇的勝利をしました。
西野は6回まで3失点で、この時点で1点勝ち越していました。
押さえを期待されている上原が期待を裏切る結果となりました。

西野 投球回数 6回 被安打5 与四球3 奪三振6 失点3
上原 投球回数 回1/3 被安打2 与四球1 奪三振0 失点3
石ケ谷 投球回数 2回2/3 被安打4 与四球1 奪三振1 失点4


★決勝    鳴門  4-2 生光学園

ついに先発2年生エース西野知輝が粘りの完投をしました。

8回は2死満塁、9回は1死満塁と再三ピンチを迎えたるも、最終回は6-4-3の併殺で締めました。

西野 投球回数 9回 被安打7 与四球4 奪三振6 失点2


西野知輝・鳴門高校エースへの期待 まとめ


地方大会の決勝で2年生の西野が粘りの投球でついに完投勝利しました。

西野知輝・鳴門高校エースへの期待

西野はカーブ系の緩いボールを低めや外角ギリギリに放る投球術を持っています。。

走者を背負ってからも、ボールを長く持ったり、クイックを使いタイミングをずらすなど、おちついた投球もできます。

地方大会の決勝戦で満塁のピンチを2回も乗り越えて完投勝利したことも大きな自信につながっていることでしょう。

西野知輝・鳴門高校エースへの期待は大です。 
 

スポンサードリンク

関連記事

船岡城址公園の花見は渋滞か電車か?

宮城県の船岡城址公園は東北でも有数の桜の名所ですね。 柴田町の船岡城址公園は花見シーズンにもな

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
梅雨の寝苦しい寝室を快適にする方法とは?

2019年6月20日の「なないろ日和」は睡眠コンサルタント  友野

no image
ブルゾンちえみは硬いものが大好き!!いつも食べるお菓子は?ノンストップ

2019年6月18日のノンストップはゲストにブルゾンちえみを迎えて

no image
洗濯機のカビ除去して生乾き臭を予防する方法は?

2019年6月17日のヒルナンデスは生乾き臭の原因ともなっている洗濯機

no image
汗対策をしたメッシュブラジャーとは?スッキリ

2019年6月17日のスッキリでは暑い日の汗対策をしているブラージャー

no image
びわの絶品ジャムをきれい作るレシピは!!大量消費を可能に

種から植えたびわがたくさん実りました。 この記事はビワの実を絶品

→もっと見る

PAGE TOP ↑