*

飲食店の事前注文アプリのメリットは?現在使える店は?

公開日: : グルメ, トレンド



飲食業界の大手は消費増税の導入を10月に控え、事前注文アプリの導入に熱心です。

店舗にとっては行列しなくても変えるので回転率が上がるメリットがあります。

顧客にとっても持ち帰りれば消費税は8%のまますえおきというメリットがあります。

スターバックスコーヒーは6月26日に都内の56店輔で「スマホ出事前注文・決済」を可能にしました。

スターバックスの事前公式アプリを活用して、会員向けサービスとして実施しています。

スターバックスの事前注文アプリの使い方

スターバックスの事前注文アプリ「モバイルオーダー&ペイ」を利用するには

「My Starbucks」への会員登録とプリペイド式カード「スターバックスカード」の登録を済ませる必要があります。

「モバイルオーダー&ペイ」の利用手順は

①専用アプリに登録します

②購入店を指定します

③商品やサイズを選択します

④ミルクやチョコチップなどのカスタマイズも指定

⑤指定された時間に店で商品を受け取ります

事前注文アプリのメリットは決済は済んでいるのでレジに並ぶ必要がないことです。

テイクアウトなので消費増税も8%に据え置かれます。


事前注文アプリのメリットは?使える店は?

飲食業界の大手で事前注文アプリを導入したのは「あきんどスシロー」と「松屋フーズ」があります。

回転寿司チェーン「あきんどスシロー」は事前注文した寿司の持ち帰りは店内のロッカーを利用するシステムを導入しています。

QRコードにかざすだけでレジに並ばずに持ち帰りができます。

事前注文の後は電子決済をするため、あとは店で商品を持ち帰るだけなのでできるシステムです。

「松屋フーズ」はLINEが展開する事前注文・決済サービスを使ったテークアウトサービスを導入しました。

他に都内の飲食店で事前注文できるアプリとして

O:der  オーダーがあります。

O:der  オーダーはテイクアウトの事前注文に特化したスマートホンアプリです。

「O:der」https://www.oderapp.jp/アプリは、スマホからモバイルオーダー(事前注文・決済)ができるだけでなく、受け取り時間の指定も可能です。

登録店が多くなるとスマホで目的の店を見つけるのが大変になりそうです。

事前注文アプリのメリットは?使える店は?まとめ

事前注文アプリのメリットは待たなくてもよい、レジに並ばなくても良い、消費税が据え置かれるなどがあります。

サラリーマンのランチなんかはテイクアウトして会社で食べれば消費増税が据え置かれるし、時間が有効に使えるしメリットは大ですね。

まだ都内の店でしか使用できませんが、今後ますますスマホの必要性が増えてくるのは間違いありませんね。

スポンサードリンク

関連記事

no image

ワカケホンセイインコの現在は?東京・神奈川を移動

最近テレビ番組では大量繁殖したワカケホンセイインコの群れの動向が良く取り上げられるようになりました。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
ゴキブリがでたら対策は侵入経路の遮断から!!臭いと水たまりに注意!!

2019年7月18日の なないろ日和 はゴキブリがでたら侵入経路を遮断

no image
免許返納して特典収入を得る方法とは?空いた駐車場の利用は

2019年7月18日のとくダネ!!は高齢者が「免許返納して特典収入を得

no image
麦茶を簡単においしくする方法とは?いつものティーバックで

家庭で作る麦茶って味わいがなくてさらさらしていない物が多いようです

no image
お得な定額制サービスとは?家電も家具も服も家も借り放題

2019年7月17日のあさチャンはお得な定額制サービスの紹介しました。

no image
100円 ヒット商品の作られ方とは?お客が欲しい商品とは?

100円ショップ業界は大手から順に、ダイソー(大創産業)、セリア、キャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑