*

洗濯機のカビ除去して生乾き臭を予防する方法は?

公開日: : トレンド

2019年6月17日のヒルナンデスは生乾き臭の原因ともなっている洗濯機のカビを除去する方法について放送しました。

説明者は千葉大学 真菌医学研究センター 准教授 の矢口貴志 先生です。

矢口貴志 先生 はカビ研究30年のカビの権威です。
 

洗濯機の7割はカビで汚染されているといいます。
 
ヒルナンデスでは洗濯機のドラムの外側がカビだらけで黒ずんでいる状態の映像を放送しました。

洗濯機はカビの繁殖条件がそろっています。


★湿度が高くなりやすい

★汚れのついた石鹸カスが栄養になりやすい


かびだらけの洗濯機だとどんなに洗ってもなまかわき臭のもとになります。


洗濯機の内部は2~3ヶ月に一度は洗浄する必要があります。

シャボン玉石けんによる調査によると3割ほどの人たちはこの頻度で実施しています。

部屋干しでさらに悪化するわけです。

全くしないという人も2割以上いました。


普段の洗濯槽内部のカビ対策としては洗濯機の蓋は普段はあけることで 乾燥させてカビの発生を少なくすることです。


洗濯かご代わりにするのは絶対にNGでカビがますます繁殖することになります。


洗濯機のカビ洗浄の方法とは


酸素系漂白剤と熱いお湯と一緒に空洗いすると

洗濯槽のカビ除去効果がおおはば アップする


水量と洗濯時間を最大に設定します。

お風呂で45度~50度に設定したお湯を洗濯槽の7割を目安に入れます。

追い炊きした浴槽のお湯をお風呂用ポンプで洗濯機に送ってもOKです。


お湯を入れてから10分ほど置きます。

洗濯槽のカビをお湯でふやかすわけです。


粉末の酸素系漂白剤を一袋(450g)入れます。

洗濯機を15分回します。


洗濯槽の内部の水面には除去されたカビが一面に浮いています。


ドラム式洗濯機はカビが繁殖しにくい


ドラム式洗濯機は洗濯時の水の使用量が縦型の約3割から5割と少ないので

洗濯槽にカビが生えにくくなっています

さらに洗濯槽の洗浄モード付の機種もかなり多く販売されています。



洗濯機のカビ除去して生乾き臭を予防する方法は?まとめ


洗濯槽の回転ドラムの外側は普段目につかないところだけでに盲点ですね。

湿度が高く、栄養も補給され、暖かいのでカビが繁殖する条件がそろっているわけです。

せっかく温風乾燥機で生渇きの菌を殺菌しても、次回カビだらけの洗濯機で洗うことで台無しになってしまいます。

普段は洗濯機の二を開けて風通しを良くし、2~3か月に一度は酸素系漂白剤でカビを洗い落としておく作業は必須ですね。

スポンサードリンク

関連記事

吉田鋼太郎の行きつけ店 中目黒の焼ジビエ 罠のお勧めは?

2018年4月17日のノンストップでは「行きつけの店」コーナーら俳優の吉田鋼太郎がゲスト出演しました

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
ゴキブリがでたら対策は侵入経路の遮断から!!臭いと水たまりに注意!!

2019年7月18日の なないろ日和 はゴキブリがでたら侵入経路を遮断

no image
免許返納して特典収入を得る方法とは?空いた駐車場の利用は

2019年7月18日のとくダネ!!は高齢者が「免許返納して特典収入を得

no image
麦茶を簡単においしくする方法とは?いつものティーバックで

家庭で作る麦茶って味わいがなくてさらさらしていない物が多いようです

no image
お得な定額制サービスとは?家電も家具も服も家も借り放題

2019年7月17日のあさチャンはお得な定額制サービスの紹介しました。

no image
100円 ヒット商品の作られ方とは?お客が欲しい商品とは?

100円ショップ業界は大手から順に、ダイソー(大創産業)、セリア、キャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑