*

仲代達矢の徹子の部屋・名優・名女優たちとの思い出とは

公開日: : トレンド

2018年10月12日の徹子の部屋は俳優・仲代達矢がゲストです。

1932年12月13日生まれの仲代達矢はデビューから64年、今年85才になります。

これまで多くの映画や舞台に出演してきた仲代達矢が、特に印象深い名優・名女優たちとの思い出を語ります。

丹波哲郎の思い出


丹波哲郎は2006年9月24日に(享年84)肺炎でなくなりました。

丹波家は薬師として名門の家柄で父親、親戚のほとんどが東京大学出身で家は超裕福でした。

丹波哲郎は4人きょうだいの末っ子(兄2人、姉)でした。

終戦後、GHQ司令部に通訳として採用されましたが、英語は話せなかったのでハワイの日系2世に通訳をやらせて地下室で博打三昧でした。

英語で何か聞かれそうになると逃げまわった。

このエピソードが丹波哲郎の生き方を象徴しています。

豪放磊落、いい加減なのです。

俳優になっても丹波哲郎は「スターは一番遅く来るもんだ」と撮影にいつも遅刻していましたが、仲代達也はその豪快な人がらも魅力的だったと語ります。

 

スポンサーリンク




 

萬屋錦之介の思い出



さんと祇園で大喧嘩をした

当時はほかの俳優さんとのケンカもあったようですが。
 「単なるケンカじゃなくて、基本的には演技論ですよ。

仲代達也は新劇、萬屋錦之介は歌舞伎から、勝(新太郎)さんは三味線の方から出てきました。

三船敏郎は本当の映画畑です。

そのころは映画俳優、歌舞伎俳優、新劇俳優って区別されていました。

だから『新劇はこれでいいのか』『歌舞伎はそれでいいのか』ってことで、飲んでいるうちにケンカになっちゃう時代でした。

「こだわるんですよ。こだわりなんです。例えば、萬屋錦之介とウチとでケンカして、じゃあ仲良くしようとなって(京都の)祇園に飲み行く。

そしたら、また祇園で(ケンカが)始まるんですよ。とにかくこだわるんです」仲代達也


仲代達矢


都立千歳高校定時制卒業後、俳優座養成所を経て55年に俳優座入りました。

映画デビューは黒澤明監督の「七人の侍」(54年)の浪人役でした。

以降も舞台と映画で活躍し、代表作は「人間の條件」「用心棒」「大菩薩峠」「「影武者」「乱」「鬼龍院花子の生涯」「不毛地帯」など。

75年から「無名塾」を主宰し、新人俳優養成に乗り出します。

86年に紫綬褒章、2003年に勲四等旭日小綬章を受章。

07年には文化功労者となりました。


高峰秀子の思い出


2010年12月28日に享年86才でなくなりました。

劇中、高峰秀子演じるヒロインを殴るシーンがありました。

監督の木下からは「仲代くん、思い切ってぶん殴って。あの女、憎たらしいでしょ?」と言われました。

一方で、高峰秀子からは「仲代くんって力が強いのね。芝居はヘタだけど」と言われました。

「舞台出身の私に映画の難しさを教えてくれた先生。いま見ても、つくづくうまいなと思います」と仲代達也

スポンサードリンク

関連記事

no image

初代コロンビアローズの思いでは?徹子の部屋

2018年8月30日の徹子の部屋は初代コロンビアローズの松本光世がゲストです。 番組では黒柳徹

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
イタリア有名料理店で絶賛の台所グッズとは?ヒャッキン!世界で100円グッズ

2018年10月16日の「ヒャッキン!~世界で100円グッズ使って

no image
渡辺大の徹子の部屋・マドリード国際映画祭の受賞は予想外だった

2018年10月17日の徹子の部屋は渡辺大がゲスト出演します。

no image
ランドセルは何故重いのか?腰痛小学生も!おはよう日本

2018年10月15日のNHKニュース おはよう日本はランドセルの問題

no image
死後離婚の現実とは?経験者に密着取材したあさイチ

2018年10月15日野あさイチは最近急増している死後離婚をした女性に

no image
三浦祐太朗が告発!さんまが山口百恵を口説いた?行列できる法律相談所

山口百恵の息子の三浦祐太朗は最近テレビにでては私生活を暴露していますが

→もっと見る

PAGE TOP ↑