*

2018年の関東の梅雨は?気象予報士予想

公開日: : トレンド

2018年の関東地方の梅雨いりと梅雨明けはどうなるのでしょうか。気象予報士の天達武史が
2018年6月6日のノンストップで予想しました。

天達武史は好きなお天気キャスター1位になるなど女性には人気の気象予報士です。

天達武史はとくダネではイジラレキャラが人気です。

人気だけでなくお天気情報の正確さも評価が高く「天気予報がわかりやすく、よく当たると評判の気象予報士です。

気象予報士の天達武史の2018年の関東の梅雨はどうなるのでしょうか。

今年の梅雨は短い

毎年関東甲信は7月20日ぐらいですが、

2018年の7月は雨が少ないと予想します。

今年は7月前半に梅雨が明ける可能性があります。

今年の梅雨は

★梅雨明けが早い  7月前半

★降水量が多い   6月が雨が多くて梅雨入り早々大雨になります。

          

★気温が高い    梅雨で寒いというのは少なくて気温は高めで推移します

 

スポンサーリンク





 

梅雨明けは猛暑

  

2018年の梅雨明けは猛暑となり、台風・ゲリラ豪雨が多くなります。

今年の場合は冬場から一定して気温が高めに推移しています。

なのでかなり気温が高くなる可能性が高いと言えます。

50年ぐらい前と比較すると関東の厚さは九州並みの暑さに変化しています。

気象が全体的に南下している傾向にあります。

冬場は寒い紐ありましたが、春から秋にかけては亜熱帯化した気象となります。

北海道にも台風が行く時代となりました。

今週末の天気は

現在は梅雨前線が日本列島の南に控えています。

その更に南には台風の子供たち熱帯低気圧が3個も生まれています。

熱帯低気圧が3個と梅雨前線が北上するので日曜日は梅雨入り早々大雨になりそうです。

関東甲信の梅雨入りは明日6月6日の発表になりそうです。

★2018年の関東の梅雨は?気象予報士予想 まとめ

2018年の梅雨は梅雨入りが明日6月6日梅雨明けが7月前半と気象予報士の天達武史がよそうしました。

今年の梅雨の特徴は

・豪雨やスコールが多い。

・気温が高い

・梅雨明けが早い

といったことになります。

日本の夏の気象は亜熱帯化しているので豪雨対策には十分な注意が必要です。

今のうちに排水口の清掃をした方がよさそうです。

豪雨の際には低くなっている道路での車の水没に注意が必要ですね。

スポンサードリンク

関連記事

no image

藤田菜七子がG1で実力を発揮!めざましの三宅正治も評価する技術力とは

2019年2月17日東京競馬場で開催されたフェブラリーステークス(GI)1600mダート のGIレー

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
FierTVとサブウーハーで視聴するロケット発射の動画と爆音

FierTVはテレビ接続が基本でYoutubeを見ることができます。

スマホでハイレゾストリーミングmusicを聴く方法は?

この記事ではスマホSharp AQUOS 5G SH-M17で24bi

Fire TV 4K Maxと現有オーディオシステムでAV構築を低コストに

この記事ではFire TV 4K Maxと現有オーディオシステム等でA

サブウーハでパソコンとFire TV 4k Maxでストリーミング配信の重低音を比較試聴

従来のFire TV 4kのオーディオ音質は24bit/44.1kHz

自作サブウーハー30cmケルトン式の重低音再生性能と試聴

普通のスピーカーの周波数特性は40Hz以下の周波数のレベルは低くて重低

→もっと見る

PAGE TOP ↑