*

血糖値を安定させて快眠を呼び込む間食技とは?ガッテン

公開日: : トレンド

2018年12月12日のガッテン は血糖値を安定させることが快眠を呼び込むこと。

そのためには間食が有効な技であることを紹介しました。

ガッテンが最初に紹介したのは夜の睡眠時に何度も低血糖になって目覚める事例です。

夜の睡眠時に低血糖の低下しすぎ(70を切る)で交感神経が活発になって睡眠が妨げられているのです。

そんな人は昼食から夕食までの時間帯が長くてがっり食べているひとでした。


血糖値が安定している人とは



番組では血糖栂安定している人が絶食してどれぐらいで血糖値が低くなるかを調べてみました。

ディレクターが被験者になりました。

昼食後に24時間血糖測定器をつけて絶食スタートしました。

70を切るまでに要した時間は絶食始めて20時間後の午前4時でした。

このように正常な人は血糖値は簡単には下がらないのです。

 

スポンサーリンク




 


血糖値が不安定な人とは


血糖値が不安定な人を抽出するために28人の被験者の24時間血糖値を測定しました。    

5人が睡眠時に低血糖になっていました。 

5人共通の習慣は遅い時間のがっつり飯でした。

昼食とやう蝕までの時間が長いのと、がっつり炭水化物系の食事をする人たちでした。

夜間の低血糖の原因


炭水化物を食べたら血糖値は急上昇します。

その血糖値を下げるため  インスリンが過剰に出てしまうことがあります。

必要以上にインスリンを膵臓が放出して糖を体に吸収させてしまうと

血糖値が下がりすぎることがあるのです。

これは自覚症状がないといいます。

夜間の睡眠時の低血糖の原因は遅い夕食とドカ食いにありました。

このような低血糖が繰り返されると心臓疾患につながるといいます。

夜間の低血糖は睡眠を妨げる


睡眠時には血糖値の低下とともに  交感神経が活発になって目覚めてしまい睡眠が妨げることになります。

産業医科大学 医学部 第一内科学講座  岡田 洋右 准教授は

低血糖自体が認知機能を悪化させるといます。

さらに

夜睡眠頻繁に睡眠が妨げられている人や

昼食から夕食までの時間帯が長い。がっり食べている人は

低血糖が起きているかもしれないといいます。


血糖値を安定させて快眠を呼び込む間食技とは?ガッテン まとめ


血糖値を安定させて快眠を呼び込むには遅いがっつり飯を避けるための感触にあります。

昼食から夕食までの間隔があきそうなときはおにぎりとかの軽い食事をとることです。

そのことが夕食でのドカ食いを防止することになります。

5人の睡眠時低血糖の人たちはこの対策により快眠を得られるようになりました。

スポンサードリンク

関連記事

no image

バーバラから話題になったクローン犬ビジネスとは?

米歌手で女優のバーバラ・ストライサンドが、昨年14歳で亡くなった愛犬のクローンを作り、誕生した2匹の

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
水を吸わず油だけを吸う新油吸着材とは?被災地で活躍!!羽鳥慎一モーニングショー

2019年9月3日の羽鳥慎一モーニングショーは 水を吸わず油だけを大量

no image
腎臓の機能が低下すると運動しても筋肉が衰える!!回復の対策は?

2019年8月13日のたけしの家庭の医学は 運動を日課にするシニアでも

no image
ギャラ飲み女子はどんな女の子?専用サイトの実態は

2019年8月9日の大下洋子ワイド!はギャラ飲み女子はどんな女の子なの

no image
肉の特売・浦安市マルヨシ商事の目玉と高級和牛の激安価格は?

マルヨシ商事が毎月開催する一般に仕入れ値そしてタイムールには4割引の激

no image
小泉進次郎衆院議員と滝川クリステルが結婚!!安倍首相のアドバイスは

2019年8月7日に小泉進次郎衆院議員と滝川クリステルが結婚するこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑