*

緑インコが東京・川崎で大繁殖!!めざましテレビ

公開日: : トレンド

2018年7月10日のめざましテレビは巨大緑インコが東京・川崎で大繁殖の原因を調査しました。

調べたのはココ調の藤井弘輝アナです。

巨大緑インコはワカケホンセイインコという名称で親鳥は体長が40cmにもなる緑色の鳥です。

本来インドやスリランカに生息している鳥でベットが野生化したもののようです。


籠から逃げたず方法を学ぶ頭の良い鳥のようです。

しかもこの鳥は人には警戒心が強くてなつきません

その数は都内近郊でおよそ1000羽と言われています。

めざましテレビのココ調は外来種の巨大緑インコがなぜ首都東京で大繁殖しているのかを調べました。



ねぐらは多摩川近くの川崎市内の公園樹木


野生化した1000羽ほどワカケホンセイインコの多くは川崎の市内の公園に住み着いていると言います

地元の住民も昼間はどこへ行っているのかわからないと言います。

朝5時には川崎市内の公園で羽根を休めていました。

まもなく全羽が飛び立ちました。

全羽が北西の方向に向かっています。

砧公園、三鷹児童公園、井の頭公園の方向です。

川崎市内では現在のところインコに関する苦情はまだ届いていないそうです。

 
スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-9344370992241982"
data-ad-slot="6444532193">


 

昼間は東京都内の公園へ移動


めざましテレビのココ調は、練馬区の公園や都内の公園にスタッフを配置してインコが川崎市内から飛んでくるのを待つことにしました。

午前5時川崎市内の公園から一斉に飛び立ちます。

直線で20km先の練馬公園からインコの目撃情報が入りました。

練馬の公園で欅の葉の新しい芽を食べていたのです。

地面には欅の小枝がたくさん落ちていました。

親鳥が小鳥に口移しでエサを与えてもいました。



昔からワカケの群はいるという情報もでてきましたね。

何か被害を出しているという情報はないようですが。


日が暮れる前に川崎の公園に戻るインコ


昼間都内の公園で欅の葉を食べていたインコは夕方になると

川崎市内の公園に戻ってきました。

何故このような移動形態をとるのかまではわかっていません。

スポンサードリンク

関連記事

no image

澤口 俊之 の性格や脳科学専門家としての実力は?

ホンマでっか!?TVで脳科学の評論家として出演されている澤口俊之は、鋭い分析力と指摘で人気者でもあり

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
東京駅のパン人気ランキングは?販売数で選定したバゲット

2019年4月17日のバゲットでは東京駅で人気のパン屋ランキングを放送

no image
顔のシミの種類と原因・取り方落とし方は?あさイチ

2019年4月15日のあさイチは「顔のシミの種類と原因・取り方落とし方

no image
コシノヒロコは現在も現役!!定番朝食メニューは?

82才になるコシノジュンコは現在も現役のファッションデザイナーとして活

no image
宇賀なつみ退社後は小料理屋の女将に!!川柳居酒屋なつみ

テレビ朝日を退社して2019年4月よりフリーアナウンサーに転身した宇賀

no image
高田秋の西船橋はしご酒での小松菜ハイボールとは!!笑ってこらえて

東京のベッドタウンともいえる船橋ですが、まだ特産品が残っています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑