*

物忘れ・認知症予防のポイントとは?記憶を良くしたい人は注目!!ガッテン!!

公開日: : トレンド

2018年5月23日のガッテンは物忘れや認知症を予防できる「記憶物質」の特集を放送しました。

物忘れ・認知症予防のポイントを知り、記憶を良くしたい人は注目です。

番組では物忘れや認知症を予防できる、セルフチェックや対策のポイントを大公開します。

年を取ると気になってくる物忘れですが、体の中の「ある物質」が深く関係していることが最近判明しました。

こうした物忘れに「血糖値」が関係していることが判明しています。

糖は脳に欠かせないエネルギーですが、血糖値が高い状態が続くと、なぜか物忘れが増えやすい状態に。

改善のカギとなるのが、私たちの体の中で作られる「ある記憶物質」です。

「ある記憶物質」はNHKの番組紹介動画では〇ン▷リンと表現しています。

ここから先のプレゼンは番組紹介で伏字にした〇ン▷リンを独自解釈しています。


物忘れに「血糖値」


食後の血糖値が高くなる「食後高血糖」が続くと、酸化ストレスや炎症、糖を燃やした時にできる有害物である「終末糖化産物」などが、脳の神経細胞にダメージを与えることも分かってきた。

血糖値が高くなっていると、脳内でインスリンの働きが悪くなるとともに、アミロイドβが増えやすくなると考えられている。


インスリンとは?


脳の「海馬」は、エピソード記憶の形成・想起にかかわる重要な脳領域です。

この海馬の入り口にある「歯状回」と呼ばれる場所では、神経細胞が新たに生まれ続けていると考えられています。

その研究成果を発表し、世界に衝撃を与えたソーク研究所(米サンディエゴ)のフレッド・ゲージ教授は、

「生まれたばかりの細胞は敏感で、わずかな刺激にも反応する。つまり、新しい細胞が増えれば記憶力を高められる」といいます。

そのカギとなるのが、「インスリン」なのだとか。

サウスカロライナ大学のローレンス・リーガン教授によれば、インスリンが脳に届いていないときは、届いたときに比べて、細胞の成長が格段に落ちるそうです。

つまり、インスリンが脳に届くことによって、脳の神経細胞の成長が後押しされていると考えられるわけです。

脳の血管は、他からの侵入を許さない関門。

そのため、脳の血管の壁を突破できるのはごく一部の物質で、そのひとつがインスリンだといいます。

このメカニズムを利用し、認知症を食い止める薬剤開発も進められているとのこと。

歯状回とは


トロント大学およびトロント小児病院の Paul Frankland 教授らと藤田保健衛生大学総合医科学研究所システム医科学研究部門の宮川剛教授らの日加共同研究チームは、

脳の中で学習・記憶に重要な役割を果たす海馬の歯状回という領域において、ランニングや抗うつ薬の投与などにより新しい未成熟な神経細胞を増やすと記憶の忘却が促進されることを明らかにしました。

海馬の一部を構成する歯状回では、生涯にわたって新しい神経細胞が生まれることが知られています



スポンサードリンク

関連記事

no image

味噌汁と変わった具の健康効果とは!!おいしいレシピも

2018年12月9日の「所さんの目がテン!」では味噌汁変わり種の具材と健康効果やおいしいレシピを公開

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
プロ厳選絶品タレは第2弾!!Kinki Kids のブンブブーン

2018年9月8日の「Kinki Kids のブンブブーン」はプロが厳

no image
今田美桜 の事務所社長の画像が検索されるわけは

今田美桜の事務所 社長の画像が検索されるわけは、今田美桜の話題の多さに

no image
血糖値を安定させて快眠を呼び込む間食技とは?ガッテン

2018年12月12日のガッテン は血糖値を安定させることが快眠を呼び

no image
今田美桜の水着より色っぽい衣装は!!インスタがすごい人気

今田美桜の魅力は一言でいえば若さあふれる健康美でしょうか。 水着

no image
志尊淳の女芸人NO.1決定戦THE Wの見所紹介!準決勝を観戦済み

女芸人NO.1決定戦THE Wが2018年12月10日開催されるにあた

→もっと見る

PAGE TOP ↑