*

物忘れ・認知症予防のポイントとは?記憶を良くしたい人は注目!!ガッテン!!

公開日: : トレンド

2018年5月23日のガッテンは物忘れや認知症を予防できる「記憶物質」の特集を放送しました。

物忘れ・認知症予防のポイントを知り、記憶を良くしたい人は注目です。

番組では物忘れや認知症を予防できる、セルフチェックや対策のポイントを大公開します。

年を取ると気になってくる物忘れですが、体の中の「ある物質」が深く関係していることが最近判明しました。

こうした物忘れに「血糖値」が関係していることが判明しています。

糖は脳に欠かせないエネルギーですが、血糖値が高い状態が続くと、なぜか物忘れが増えやすい状態に。

改善のカギとなるのが、私たちの体の中で作られる「ある記憶物質」です。

「ある記憶物質」はNHKの番組紹介動画では〇ン▷リンと表現しています。

ここから先のプレゼンは番組紹介で伏字にした〇ン▷リンを独自解釈しています。


物忘れに「血糖値」


食後の血糖値が高くなる「食後高血糖」が続くと、酸化ストレスや炎症、糖を燃やした時にできる有害物である「終末糖化産物」などが、脳の神経細胞にダメージを与えることも分かってきた。

血糖値が高くなっていると、脳内でインスリンの働きが悪くなるとともに、アミロイドβが増えやすくなると考えられている。


インスリンとは?


脳の「海馬」は、エピソード記憶の形成・想起にかかわる重要な脳領域です。

この海馬の入り口にある「歯状回」と呼ばれる場所では、神経細胞が新たに生まれ続けていると考えられています。

その研究成果を発表し、世界に衝撃を与えたソーク研究所(米サンディエゴ)のフレッド・ゲージ教授は、

「生まれたばかりの細胞は敏感で、わずかな刺激にも反応する。つまり、新しい細胞が増えれば記憶力を高められる」といいます。

そのカギとなるのが、「インスリン」なのだとか。

サウスカロライナ大学のローレンス・リーガン教授によれば、インスリンが脳に届いていないときは、届いたときに比べて、細胞の成長が格段に落ちるそうです。

つまり、インスリンが脳に届くことによって、脳の神経細胞の成長が後押しされていると考えられるわけです。

脳の血管は、他からの侵入を許さない関門。

そのため、脳の血管の壁を突破できるのはごく一部の物質で、そのひとつがインスリンだといいます。

このメカニズムを利用し、認知症を食い止める薬剤開発も進められているとのこと。

歯状回とは


トロント大学およびトロント小児病院の Paul Frankland 教授らと藤田保健衛生大学総合医科学研究所システム医科学研究部門の宮川剛教授らの日加共同研究チームは、

脳の中で学習・記憶に重要な役割を果たす海馬の歯状回という領域において、ランニングや抗うつ薬の投与などにより新しい未成熟な神経細胞を増やすと記憶の忘却が促進されることを明らかにしました。

海馬の一部を構成する歯状回では、生涯にわたって新しい神経細胞が生まれることが知られています



スポンサードリンク

関連記事

no image

シャトレーゼのダブルシュークリームが新アレンジ!!値段カロリーお味に満足

2019年2月27日からロードサイド店戦略でリーズナブルで洋菓子を提供しているシャトレーゼから新アレ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
梅雨の寝苦しい寝室を快適にする方法とは?

2019年6月20日の「なないろ日和」は睡眠コンサルタント  友野

no image
ブルゾンちえみは硬いものが大好き!!いつも食べるお菓子は?ノンストップ

2019年6月18日のノンストップはゲストにブルゾンちえみを迎えて

no image
洗濯機のカビ除去して生乾き臭を予防する方法は?

2019年6月17日のヒルナンデスは生乾き臭の原因ともなっている洗濯機

no image
汗対策をしたメッシュブラジャーとは?スッキリ

2019年6月17日のスッキリでは暑い日の汗対策をしているブラージャー

no image
びわの絶品ジャムをきれい作るレシピは!!大量消費を可能に

種から植えたびわがたくさん実りました。 この記事はビワの実を絶品

→もっと見る

PAGE TOP ↑