*

染み抜きの神様直伝の方法とは!!魔法水の作り方も紹介

公開日: : トレンド

2018年5月15日のNスタでは衣類の「染み抜きの神様」と呼ばれる達人の方法を紹介しました。

家庭で洗える衣類に関する染み抜きのため、魔法水の作り方も教えてもらいました。

染み抜きの神様とは茨城県のクリーニングショップ ヨコクラの店長 横倉靖幸さんのことです。

クリーニングショップ ヨコクラでは年間5000着もの染み抜きをこなしています

クリーニングショップ ヨコクラには札幌、鹿児島など北は北海道から南は九州まで全国から

染み抜きの以来が殺到しています。

時には海外からも依頼品が送られてきています


染み抜きの神様の達人技の範囲は広く


黒インクが付いたジャケット・日焼けしたベロー生地の新品同様への復活・衣類の黄ばみ・食べこぼしのシミの除去等にまで及びます。

クリーニングショップ ヨコクラ
〒311-4303
茨城県城里町石塚1381-4
TEL 029-288-2127
受付時間 8:00~19:30
日曜祝日定休



染み抜きの神様の方法を拝見しました



スタッフが20年以上愛用しているコートの染み抜きです。

襟周りが黄ばんでいます。

染み抜きの神様が用意したのは 白い粉と液体を混ぜたものを蒸気で加熱しながら

専用の筆で黄ばみに当てていきます。

あっという間に黄ばみが取れました。

次はシミ抜きで色が落ちた部分を同じ色で捕食していきます


生地の色に合う2色の染料を混ぜ合わせ

擦り込むように筆を走らせていく染み抜きの神様

仕上げにエアブラシを使ってまんべんなくなじませていきます。

20年間の汚れがみごとに消滅し、感動的な仕上がりとなりました。

さすがプロの仕事ですね。

家庭でできる方法も染み抜きの神様に教えてもらいました。


家庭で洗えるものに限りますが、染み抜きの神様に良い方法を教えてもらいました。


達人直伝の究極の染み抜き術は魔法水を作ることから始まります。



染み抜きの魔法水の作り方


染み抜きの魔法水とは染み抜きの神様である店長 横倉靖幸さんが考案した染み抜き剤です。

用意するのは

重層・食器用中性洗剤・酸素系漂白剤の3つです。

魔法水の配合は

  重層       大さじ1パイ 
  酸素系漂白剤   大さじ3バイ
  小起用中性洗剤  3滴

軽く混ぜるだけで完成です。

3時間以内に使い切ります。

染み抜きの魔法水の効果


醤油のシミで 染み抜きの魔法水の効果を確認しました。


シミの下にタオルを敷いて、魔法水を筆などでたたき込みます

シミがなくなるまで叩き込むのです

り返すことで醤油のシミが完全に取れました
  

染み抜きの魔法水のパワーアップの方法とは


男性用スクラブ洗顔料がお勧めです。


魔法水と酢クラブ入り洗顔料でシャツの黄ばみを取ります。

ワイシャツの襟のシミや汚れにスクラブ入り洗顔料を指先で刷り込んでいきます。

繊維に詰まった汚れがかきだされてきます。

後は魔法水をたたき込んで水で洗い洗濯機へいれます。

ミートソース食べこぼしの染み抜き方法は


魔法水と食器用中性洗剤を使います。

汚れたシャツの下にタオルを敷いて

水中性洗剤を1:1の割合で混ぜてシミに叩き込んでいきます

さらに魔法水をたたき込みます

完璧にシミが取れました。

チョコレート・ドレッシング・デミグラソースなどに有効な方法でした。

ファンデーションのシミの除去


メイク落とし用のオイルをシミの裏側からかけで歯ブラシでたたきます

これも完璧にファンデーションのシミが取れました。

スポンサードリンク

関連記事

船岡城址公園の花見は渋滞か電車か?

宮城県の船岡城址公園は東北でも有数の桜の名所ですね。 柴田町の船岡城址公園は花見シーズンにもな

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
LisaがMステ出演!!世界的人気がスゴイわけは?

Lisaが2018年5月25日放送のMステ出演し、Catch the

no image
物忘れ・認知症予防のポイントとは?記憶を良くしたい人は注目!!ガッテン!!

2018年5月23日のガッテンは物忘れや認知症を予防できる「記憶物質」

no image
お金がかかるスポーツランキング!!一流アスリート達が公開

2018年5月21日の「中居正広の身になる図書館」は一流アスリート達が

no image
三田杏・ナゼ 介護士から“AV女優”に!?

2018年5月18日の「じっくり聞いタロウ」は19歳で介護士から“AV

no image
香西かおりの家族との生活・徹子の部屋

昨年、認知症を患っていた母が亡くなりました。 母に寄り添うため、

→もっと見る

PAGE TOP ↑