*

偏平足(アーチ崩れ)を簡単に予防・改善できる体操とは?

公開日: : トレンド

2019年7月4日の主治医が見つかる診療所は吉野匠 整形外科院長が偏平足(足のアーチ崩れ)を簡単に予防・改善できる体操を紹介しました。

現代日本人の7割はアーチ崩れともいわれています。

人間の足には横アーチ  縦アーチという

二つのクッションが地面からの衝撃を吸収するようにできています。

アーチには地面をけるときのばねの役割もあります。

アーチが崩れている人は膝の中心から内側に軸がずれてひざを痛めてしまったりします。

脳神経外科の上山博康 医師は加重のかかり方がずれてくるとどこかでよじれてくる


その結果肩こり頭痛を引き起こすこともあるといいます。

自宅で簡単にできるアーチ崩れのチェックとは


椅子に腰かけて片足を台の上に載せます。

膝から下はまっすくに建てます。
土踏まずのほうから人差し指と中指の2本を入れます

第2関節までしっかり入れば正常なアーチです。

これは縦のアーチのチェックですね。

アーチ崩れを悪化させるリスクが高い靴やサンダルは

横幅にゆとりがある靴は足が横にひろがりやすいといいます。

アーチ崩れの予防につながるサンダルは鼻緒のあるサンダルです。

足の裏の筋肉を鍛えることができるからです。

足の筋力が弱ってきているが原因の一つ

幼少期から靴を履く時間が長いこと


アーチ崩れを簡単に予防改善できる体操は


★足の横のアーチ崩れを簡単に予防改善できる体操は

用意する道具はフェイスタオル 1枚と 輪ゴム10本または太い輪ゴム1本

素足で椅子に腰かけて

ゴムを親指と親指に引っ掛けます。

かかとをくっつけて閉じます。

親指を少し曲げた状態で

ゴムを引っ張って5秒キープします。

母趾内転筋を鍛えて横のアーチを保ちます。


一日20回ほどで効果が期待できるといいます。


★縦のアーチを保持する筋力を鍛える体操は



できるだけ滑る床でやります。

足の指を使ってタオルを引いてタオル手繰り寄せます。

足の指は交互に動かします。1日10回ワンセットにして3セットで効果が期待できるといいます。


偏平足(アーチ崩れ)を簡単に予防・改善できる体操とは?まとめ


アーチ崩れとなる原因は現代人は交通機関の発達により歩く機会が減って筋力が低下したことに原因があるといいます。



循環器内科の 秋津医師は

足の裏の感覚がわかる薄い靴で普段から歩くと足の筋肉が鍛えられるといいます。

素足で歩いたり、鼻緒のついたサンダルで歩いたりする。

縦横の筋肉を鍛える体操を毎日することで

アーチ崩れを予防改善し一生自分の足で歩けるようにしたいものです。

スポンサードリンク

関連記事

加藤一二三 引退決定伝説

加藤一二三九段が、最後の引退決定の一局でも伝説を残しまた。 将棋界現役最年長の加藤一二三九段(

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
ゴキブリがでたら対策は侵入経路の遮断から!!臭いと水たまりに注意!!

2019年7月18日の なないろ日和 はゴキブリがでたら侵入経路を遮断

no image
免許返納して特典収入を得る方法とは?空いた駐車場の利用は

2019年7月18日のとくダネ!!は高齢者が「免許返納して特典収入を得

no image
麦茶を簡単においしくする方法とは?いつものティーバックで

家庭で作る麦茶って味わいがなくてさらさらしていない物が多いようです

no image
お得な定額制サービスとは?家電も家具も服も家も借り放題

2019年7月17日のあさチャンはお得な定額制サービスの紹介しました。

no image
100円 ヒット商品の作られ方とは?お客が欲しい商品とは?

100円ショップ業界は大手から順に、ダイソー(大創産業)、セリア、キャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑