*

JUJUの行きつけの店は?いつも携帯する唐辛子とは

公開日: : 最終更新日:2018/12/19 トレンド

2018年12月18日のノンストップの行きつけの店紹介はポップス歌手のJUJUが紹介しました。

1976年2月14日で42歳になるJUJUの歌唱力を支えている好物はうどん豆腐とか。

JUJUの行きつけの店はベトナム料理kitchenの料理と三原豆腐店の「三原の温泉豆腐と厚揚げセット「を紹介しました。


JUJUの行きつけの店はベトナム料理kitchen


オーナーの鈴木雅美は
JUJUは素敵な方とほめていました。きれいな脚とか。

JUJUのお気に入り料理は

★鶏手羽のヌクナム揚げ 

揚げたての鶏手羽にハーブや
特性スープをからめたさわやかな味わいとさっぱりした食感が口に広がる


ゆで豚のベトナムスタイル 2500円

★豚バラ肉を野菜で巻いてたべます。

女性を魅了する理由は

豚肉をジャスミン茶で似ているので油が落ちて豚肉香りがついてさっぱりいただけるのです。

kitchen
東京都 港区 西麻布 4-4-12 ニュー西麻布ビル 2F


 

スポンサーリンク




 




三原豆腐店の「三原の温泉豆腐と厚揚げセット」が大好物


の三原の温泉豆腐と厚揚げセット2800円

時間をかけて煮込んでうまみを閉じ込めた豆腐は温泉水と合わせることで最上級の滑らかな舌触りです。

厚揚げは大豆本来のコクを残し外側はこおばしく中はトロトロ

三原豆腐店
〒810-0002 福岡市中央区西中洲3-19
TEL 092-731-1108
OPEN 18:00~24:00( OS / 23:30 )
CLOSE 日曜日



スタジオで実食しました。

大好評でした。

温泉水であっためるとふわふわになるとか。

 

スポンサーリンク




 


祇園辛みの寿々辛みはいつも携帯する JUJU



JUJUがいつも携帯しているのは自家製でかつ販売もしている一味唐辛子「寿々辛み」 です。

祇園辛みとJUJUがコラボして日本一辛い黄金一味にツアーのだ日にJUJUがすきなものをいれているとか。

アメリカへ単身渡米したJUJU



さっぱり系が好きなJUJUですが若いころには単身で渡米して歌唱力を磨いたとか。

アメリカへは高校で行きたかったけど親に止められたので、卒業後18才で単身渡米した度胸の良さもうりです。

ティーンエイジゃーの無鉄砲さと抑圧の象徴の親から離れたかったとか。

それとできる姉が3才年上踊り、勉強、スポーツもできるいつも比較されていたとか。

歌だけ好きだったのでこれなら姉にかてると思っていた歌だけにかけたといいます。

アメリカでは一回さらわれそうになったクラブ早めに切り上げた信号待ちしていた後ろから抱き上げられてかけられた


屈強な男たちで友達にパスされた

警察の車が近づいたので落とされて助かったとか。


★★JUJUは松任谷由実に飲みすぎをとめられた

子供のころラジオで一日一アルバムというユーミンの番組がありました。

JUJUはその番組で大人の都会の男女の在り方を知ると同時に

ユーミンにはまりました。

ユーミンには仕事の話をもらい、あっていろいろ教えてもらったとか。

酒を飲むのはユーミンのせいとも。

悲観主義者なので 街角のペシミストにし不安な明日はダブルで飲み干すという歌詞がありました。

不安な明日をダブルで飲み干せばいいんだと思って毎日飲んでいました。

いい美の飲酒をユーミンに止められたとか。








スポンサードリンク

関連記事

ロッテの新マスコットが魚!名前は形態別に

千葉ロッテマリーンズの新キャラが魚のマスコットが6月11日に幕張で名前はまだ形態で区別されています 

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
東京駅のパン人気ランキングは?販売数で選定したバゲット

2019年4月17日のバゲットでは東京駅で人気のパン屋ランキングを放送

no image
顔のシミの種類と原因・取り方落とし方は?あさイチ

2019年4月15日のあさイチは「顔のシミの種類と原因・取り方落とし方

no image
コシノヒロコは現在も現役!!定番朝食メニューは?

82才になるコシノジュンコは現在も現役のファッションデザイナーとして活

no image
宇賀なつみ退社後は小料理屋の女将に!!川柳居酒屋なつみ

テレビ朝日を退社して2019年4月よりフリーアナウンサーに転身した宇賀

no image
高田秋の西船橋はしご酒での小松菜ハイボールとは!!笑ってこらえて

東京のベッドタウンともいえる船橋ですが、まだ特産品が残っています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑