*

中嶋イッキュウがジェニーハイのボーカリストとして最適なわけ。

公開日: : トレンド

中嶋イッキュウはスタイルが良くて美形なのでジェニーハイのボーカリストとして最適なのですが、

彼女にはもっと優れた資質があります。

中嶋イッキュウは爆裂変拍子バンドtricotのボーカリストだからです。
trico の楽曲はエレキギターの切れ味の鋭い音とドラムの打撃音と中嶋イッキュウのボーカルが戦っているかのような、個性むき出しの戦いのような音楽です。
さらに変拍子が多用されています。

個性むき出しの戦いのような音楽はどの楽曲も共通しているのですが、具体的に見てみましょう。



trico の人気曲のひとつに「おやすみ」という楽曲があります。
中嶋イッキュウ作詞の歌詞は何を言いたいのか雰囲気でしか分かりません。

「おやすみ」の歌詞と意味

いつだって列車は、ちょっとも待ってはくれない
大人になりたい私も まだ少女で居たい私も
構いはしない

時刻表には記載されない 月への列車が来ると聞いて
いつものエナメル肩から離しはしなかったの

時が和らいで
洗いざらい話せたって

幻の駅には 取り残されている
魔法があるのよ 明日からは
いつもと違う景色が見られるから
今日はもう おやすみ




と言った何かを象徴するような意味不明の語句が並ぶ歌詞ですが

言いたいことはあるのでしょう。


全体の意味としてまとめてみると

「自分のペースでは周りのペースについていけない。

たまに合わしてくれたって、こっちにはこっちのタイミングや気持ちがあるのよ。

それでも明日は別の環境になるからもう寝た方がいいよ」

といったものでしょうか。

 
スポンサーリンク
Array
style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-9344370992241982"
data-ad-slot="6444532193">


 

おやすみのメロディとリズム

レコード会社のキャッチコピーを見ると


「変拍子を駆使した幾何学的でスタイリッシュな楽曲でありながら、メロディーはあくまでキャッチーで詞の世界観も印象的。

2010年代の新たなポップ・ミュージックの可能性を示す会心作。」

とあります。

このような変拍子を多用するのでtricotは 爆裂変拍子バンドtricot と呼ばれているのです。
中嶋イッキュウは爆裂変拍子ボーカリストといったところでしょう。


変拍子は「緊迫感」や「落ち着かない」「不安定さ」を演出するために使われるそうです。

誰もが知っている代表的な変拍子の曲は童謡の「あんたがたどこさとか」

4拍子、3拍子、2拍子が入り交ざっているのです。


中嶋イッキュウがジェニーハイのボーカリストとして適任な訳

川谷絵音の作詞作曲した「片目で異常に恋している」のボーカルも変拍子の集合みたいな曲ですが、

いつも変拍子歌っている中嶋イッキュウには楽勝でしょう。

しかし、中嶋イッキュウをもってしてもこの曲は凄い難解といっています。

カラオケで歌うには相当の練習が必要となるでしょう。

爆裂変拍子バンドtricotと天才集合バンドジェニーハイは個性と個性のぶつかり合いがある点で共通しています。
爆裂変拍子バンドtricotのボーカリストをやっている中嶋イッキュウは
川谷絵音が作詞作曲する個性的な楽曲を歌える力量を持つ最適なボーカリストなのです。
スポンサードリンク

関連記事

千秋公園の花見2018年の開花予想と魅力のスポットは?

秋田市内の千秋公園は毎年20万人以上の人々が花見に訪れます。 千秋公園の花見では樹齢120年古

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク
自作サブウーハー30cmケルトン式の重低音再生性能と試聴

普通のスピーカーの周波数特性は40Hz以下の周波数のレベルは低くて重低

フルレンジFF125Kを使用した小型サブウーハー製作して重低音を聴く。

この記事ではフォステックスのフルレンジFF125Kを使用した小型ケルト

サブウーハーで聴くポスト・マローンの重低音の曲は?洋楽男性歌手編

ポスト・マローン20Hz台~30Hz台の重低音を良く使う。 20

サブウーハーで聴くザ・ウィークエンドの重低音の曲は?洋楽男性歌手編

サブウーハーは一般のスピーカーでは聴けないい40Hz台以下の低域を再生

サブウーハーで聴くドレイクの重低音の曲は?洋楽男性歌手編

ドレイクのほとんどのラップ曲は30Hz台の重低音を含む。 20H

→もっと見る

PAGE TOP ↑