*

トレンディエンジェルと浜崎あゆみ「LINE」のLIVE番組「さしめし」に50万人集める

公開日: : 最終更新日:2016/07/11 芸能

LINE ライブ番組「さしめし」にトレンディエンジェルと浜崎あゆは2016年5月30日の今日出演しました。

昼休み時ということもあって50万人の視聴者をが参加しました。

トレンディエンジェルと浜崎あゆみラインの「LINE」LIVE「さしめし」番組予約者は4800人ほどでした。

12時に番組が始まった時の視聴者は1200人しかいなかったのです。

ところがこの後視聴者は爆発的な伸びで増えていき12時30分ごろには33万人を超え、番組終了時の13時過ぎにはついに50万人を突破しました。

このように凄い視聴者の増え方になったのは「さしめし」でトレンディエンジェルと浜崎あゆみラインを見た人がラインやツィッターで情報を拡散したためと思われます。

昼休み中ということも相まって絶好の話題提供にもなった「LINE」LIVE番組「さしめし」でした。

2016-05-31 (3)
トレンディエンジェルの斉藤司と浜崎あゆみの二つの約束は?
トレンディエンジェルの斉藤司と浜崎あゆみの二つの約束は?

トレンディエンジェルの斉藤司は日時が近づくと緊張が高まり、ついに昨晩は一睡もできなかったとか。

それでもトレンディエンジェルの斉藤司と浜崎あゆみは相性が良い様子が番組からはうかがいしれました。

緊張気味の斉藤司の会話を浜崎あゆみは笑いでフォローしていました。

お互い得意料理についての話では斉藤司はブリの照り焼きを得意にしていること、

浜崎あゆみはカレーや支柱で良くスタッフに差し入れで作ったりするとのことです。


「LINE」LIVE番組「さしめし」ではトレンディエンジェルの斉藤司と浜崎あゆみはいくつかの約束ごとをしました。

浜崎あゆみはカレーと煮込みハンバーグを斉藤の家でバーディーをするときに作りに行くこと。

浜崎あゆみの大坂城ホールでの最終公演に斉藤司がガクトと一緒にコラボすること。

この二つについて二人は40万人を超えね視聴者の中で必ず実行すると約束しあっていました。
2016-05-31 (58)
「LINE」がLIVE「さしめし」の会場になったのは
「LINE」がLIVE「さしめし」の会場になったのは

トレンディエンジェルと浜崎あゆみライン「LINE」がLIVE「さしめし」の会場になったのは恵比寿横丁 「だるまてんぐ」です。

場所は東京都渋谷区恵比寿1-7-2 エビスオークビル2  恵比寿横丁内 1Fで、恵比寿駅から徒歩5分のところにあります。

いわゆる大衆酒場 肉鉄板焼 もつ鍋 もんじゃ焼などがメインメニューです。

番組では、モツともやしとにらの鉄板焼きが出ましたが、3人ともおいしいと言っていました。

番組の最初に出たバケツみたいに大きいソフトドリンクには驚きました。

浜崎あゆみが飲んだのはアセロラの炭酸割りで、巨大な容器に入っているので3700円とのことです。


「LINE」がLIVE番組「さしめし」のLINEチャットが早すぎて読めない
「LINE」がLIVE番組「さしめし」のLINEチャットが早すぎて読めない

視聴者からの質問にたいして浜崎あゆみが答える用意もあったようなのですが、50万人もの視聴者が参加したこの番組のチャットの内容ょ読むのは

流れが速すぎて無理でした。

このような「LINE」がLIVE番組は今後人気を呼びそうなので、チャットも 複数系統窓を設けるなどの工夫が必要ですね。

<関連記事>

浜崎あゆみとGacktとトレンディエンジェルのコラボがついに実現
スポンサードリンク

関連記事

メイプル超合金カズレーザーはロザン宇治原を引退させるのか

「メイプル超合金カズレーザーはロザン宇治原を引退させるのか」といってもテレビクイズ番組「Qさま」に限

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク
サブウーハでパソコンとFire TV 4k Maxでストリーミング配信の重低音を比較試聴

従来のFire TV 4kのオーディオ音質は24bit/44.1kHz

自作サブウーハー30cmケルトン式の重低音再生性能と試聴

普通のスピーカーの周波数特性は40Hz以下の周波数のレベルは低くて重低

フルレンジFF125Kを使用した小型サブウーハー製作して重低音を聴く。

この記事ではフォステックスのフルレンジFF125Kを使用した小型ケルト

サブウーハーで聴くポスト・マローンの重低音の曲は?洋楽男性歌手編

ポスト・マローン20Hz台~30Hz台の重低音を良く使う。 20

サブウーハーで聴くザ・ウィークエンドの重低音の曲は?洋楽男性歌手編

サブウーハーは一般のスピーカーでは聴けないい40Hz台以下の低域を再生

→もっと見る

PAGE TOP ↑