*

WBS紹介の渋滞対策グッズで快適ドライブ

公開日: : 最終更新日:2015/09/04 未分類

お盆の渋滞にはうんざりですが、今年は渋滞を回避するすごいシステムが販売されています。

WBSで紹介された新渋滞対策グッズで超快適ドライブが可能となります。


●2015年お盆の渋滞予測は
2015年のお盆ですが、速いところでは今週から休暇に入っているようです。
週末からの帰省ラッシュですが今年はガソリンが去年より安くお盆の中心期間が一日短いので渋滞が分散されにくいと予測されています。
関越道で下りのピークは8月13日午前9時花園ICで45km。
登りりピークは8月15日午後6時鶴ヶ島ICで45kmです。



●ナビタイム超渋滞回避ルートの効果検証

ナビタイム「超渋滞回避ルート」はナビタイムが蓄積した渋滞データを使用して通常のカーナビよりも短時間で目的地に着けるルートを提供します。

WBSでは「超渋滞回避ルート」と「通常のカーナビルート」を検証しました。

関越自動車道の埼玉・所沢→東京・豊洲ルートでの比較です。

午後4時に埼玉・所沢スタートして20分後「超渋滞回避ルート」は和光ICで高速道路を降りて一般道へ降りるように指示しました。

和光ICから戸田西ICまでの渋滞が回避するためです。

一般道は車の交通量は多いものの渋滞はありませんでした。

一方「通常のカーナビルート」では外環道でも首都高速道でも渋滞につかまりつづけました。

結果超渋滞回避ルートを利用した車は通常のカーナビルートよりも24分も速い午後5時20分に東京・豊洲に到着しました。

「超渋滞回避ルート」は有料会員向けサービスで、アプリの指示従って渋滞を回避するとその距離に応じてポイントがたまります。

ポイントは9月以降マイルやTポイントなどの他社ポイントに交換可能となります。




●「ETC2.0」は渋滞対策の切り札
「ETC2.0」はナビゲーションと連動して渋滞を回避するというシステムです。
8月1日からスタートしています。
従来のETCの4倍の価格てすが、リアルタイムの交通状況を計算して情報提供します。

実際に首都高に入り検証しました。

名古屋方面の広域情報がカーナビに表示されました。

表示されたのは渋谷から名古屋まで行く場合の所要時間です。

東名高速だと5時間。中央道を使うと5.5時間です。

従来のカーナビが都道府県単位での渋滞情報提供に対し「ETC2.0」は1000kmもの広域情報をリアルタイムで提供します。

全国1600ポイントからの情報を集めるビックデータのやり取りが可能になったのです。

国土交通省は生年から「ETC2.0」を搭載した車が渋滞を避けるため一般道に下りて再び高速に乗った場合に追加料金がかからないようにするなど

さまざまな割引料金の適用を検討しています。



スポンサードリンク

関連記事

LCCで国内をB787で飛ぶ日

最新鋭機B787は快適な乗り心地で特に長距離を移動する人は人に優しい優れた機能に魅了されるようです。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

no image
関ジャニ∞音楽王NO.1決定戦!!鈴木瑛美子優勝の行方は

  2017年9月29日関ジャニ∞音楽王NO.1決定戦

no image
認知症予防に脳を若返らせるNGF たけしの家庭の医学

2017年9月26日のたけしの家庭の医学 「認知症予防に脳を若返らせる

no image
内臓脂肪を減らす たけしの家庭の医学

2017年9月26日のたけしの家庭の医学 「内臓脂肪を減らす」を紹

肌を守るスパイス クミン特集あさイチ

9月26日あさイチでは肌を守るスパイス クミン特集を放送しました。

no image
丹野こんにゃく番カフェでのこんにゃくの使われ方

2017年のガッテンでは山形県の丹野こんにゃくの社長が出てきてこんにゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑