*

YouTuberのアバンティーズ・アバンティーズとワタナベマホトの実態とは?

公開日: : トレンド

2018年5月12日の有吉ジャポンでは10代に圧倒的人気のカリスマYouTuberの紹介をしました。

YouTuberのアバンティーズ・アバンティーズとワタナベマホトについて特集しました。

YouTuberのアバンティーズ・アバンティーズの紹介はピン芸人脳みそ夫が、ワタナベマホトの紹介は

完熟フレッシュで売り出し中のレイラがおこないました。

普段テレビではみられない新しい10代のカリスマYouTuberです。

女子中高生を中心に爆発的人気のピン芸人脳みそ夫とは


女子中高生を中心に爆発的人気のピン芸人脳みそ夫は体操で有名になりました。

彼の体操をまねた投稿が20万以上です。



アバンティーズとは


脳みそ夫がアバンティーズのライブ会場に入るとすぐさまファンに取り囲まれました

今の10代を最も魅了するカリスマとは

アバンティーズのメンバーは全員埼玉県出身です。

中学生の頃からYouTubeにて動画投稿を始めました。

当初のメンバーは16、7人ほどで、主に学校の仲間内に見せるための動画を投稿していましたた。

その後高校に入ってからメンバーは8人ほどになり、それぞれの進路に向かうため、一度活動を休止した。

高校卒業後、YouTuberとして真剣に活動する事に共感した現在の4人に再編成されましたた。

彼らの投稿動画とは

正座を1時間してレース

立ち上がって前進競争 再生回数25万回以上

チャンネル総再生回数は3億回を超えます


人気の理由を本人たちに聞いてみました


なんですかね~

いろいろなんですけど

ほんにんたちも良く分かっていません


なぜ10代のカリスマなのか




その答えはステージのうえにありました。

ステージでラップをライブ演奏するアバンティーズ




アバンティーズを上回るカリスマとは


父池田57CRAZYSと娘完熟フレッシュのレイラの親子漫才コンビ完熟フレッシュで売り出し中のレイラ


彼女のような女子中学性に爆発的人気のカリスマとは

レイラが学校で「今日会うよ」っていったらみんな「凄いな!!いいな!!」といわれたとか

それぐらいこの世代に有名な人

自宅取材です

動画総再生回数6億以上のカリスマ

若者に大人気YouTuber ワタナベマホトです

10代のカリスマ ワタナベマホト25才です


有吉も「ついていけません、早いねサイクルが」

中学生の時から動画配信を始めて現在のチャンネル登録者数197万人以上のYouTuber です。


ワタナベマホトがアップしている動画とは


街頭でワタナベマホトが「キスして(男性限定)」と書いた看板を持って立っています。

男性100人とキスするまで帰らないというからだをはったもの。

謎の白塗りキャラとなってインタビューするものなど

様々なものがあります

ちなみにこの動画は440万アクセスをこえています。



どれもがばか受けし、都内某所の超高級マンションに住めました

階段があるメゾネットタイプです

2階の部屋は動画を作成している部屋でした



YouTuberワタナベマホト 稼ぎは


去年親に東京都で新築一戸建てを買いました

都内での平均価格は約6000万円です

ここから推定すると年収は

数千万円ですね



スポンサードリンク

関連記事

no image

久間田琳加が紹介するあいがけカレー!!めざましテレビ

2018年8月2日のめざましテレビのイマドキは最近人気が出ているあいがけカレーの特集でした。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
Foorinとパブリカの作られ方は?米津玄師や辻本智彦がしたことは

子供目線だけど大人の創作力が生んだ「新しい応援ソングと踊り」が「Foo

no image
DA PUMP「USA」が美女ダンスチームとコラボが見れるのはどこ?

DA PUMP「USA」が美女ダンスチームとコラボが新しく映像と共に配

no image
常田大希 King Gnuの「社会と結びついた音楽」とは?Prayer-Xこそ回答のひとつ

常田大希 King Gnuが脚光を浴びつつあります。 900人の

no image
中尾彬 池波志乃夫婦の本音は?ダウンタウンなう

2018年8月17日のダウンタウンなう本音でハシゴ酒は中尾彬 池波志

no image
永野芽郁がBEAMS テレビショッピングCMで驚いているわけは?

永野芽郁がBEAMS テレビショッピングのCMで驚いているのはどうして

→もっと見る

PAGE TOP ↑