*

宮沢りえの再婚後 前夫と子供との面会はどうなるの?調停の合意は?

公開日: : トレンド

宮沢りえが森田剛と結婚をして祝福をうけるなか、気になるのは宮沢りえと前夫との間に生まれた子供(娘)のことです。

前夫と宮沢りえの離婚調停が長引いたのは娘の親権をめぐっての争いでした。

もともと子供が小さい場合は母親に親権が渡る場合が普通です。

宮沢りえは離婚の実現と親権の獲得のため事前に周到な計画を練っていたと思われます。

宮沢りえが離婚の実現と親権の獲得のために練った周到な計画とは


調停を有利に運ぶために弁護士がするアドバイスがあります。

まず離婚ですが、別居していることが条件になります。

子供の親権については子供と同居していることが必須です。

宮沢りえは 自然に夫に何の説明もなく2012年2月に一方的に娘を連れて家を出ました。

そこから離婚調停が始まりました。

どうしたら親権を獲得して離婚できるか弁護士と相談しての行動だと思いました。

夫にとっては事前の説明がないのでわけがわからない状態でした。

何故2人していなくなったのか?
 
スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-9344370992241982"
data-ad-slot="6444532193">


 

結婚生活に献身的だった元夫


子供がクズって泣いたときは夫の方に抱き着いて行ったというほど、元夫は宮沢りえと娘のために献身的に育児や家事に取り組んでいたと言います。

別居から離婚成立まで約4年かかったのは、親権や面会の条件についてなかなかお互いの合意が得られなかったからです。

子供と父親の幸せが一方的に壊されている状態ですから

父親の面会を拒絶することは法的にはできません。


離婚調停の合意内容は


離婚をめぐる報道では

2012年5月には離婚協議中と発表され、2016年3月 正式離婚に至ったということになっています。

宮沢りえの母親は2014年に肝腫瘍でお亡くなりになっています。

ここまで離婚調停が長引いたのは親権をめぐっての争いと面会の手法についての争いです。

親権は宮沢りえがとりましたが、

問題は前夫と娘との面会の頻度や方法などです。

双方が合意したのは「双方が相談したうえで 随時 元夫と娘が面会を行う」

極常識的な結論ですね。

ところがその合意を宮沢りえがないがしろにしていくのです。

前夫の知人の話では

「今まで何回か面会が実現しましたが、毎回ピリピリした雰囲気で父子ともども楽しい時間は過ごせなかったと聞いています。りえさんのマネージャーや弁護士がいつも同席していましたから」

更に 2016年7月ごろの面会を最後に、前夫は現在まで1度も娘に会えていないといいます。

「その最後の面会の前後に、りえさんは“今後は娘が希望しなければ面会はさせません”といったニュアンスの発言をしたそうです。

之って、スゴイわがままなことです。



宮沢りえの結婚後 子供と元夫との面会はどうなる?将来に禍根は まとめ


宮沢りえは森田剛と結婚しましたが、

森田から元夫への挨拶もアプローチもないということです。

問題は子供が成長していく過程で

必ず自分のルーツである父親をさがすことです。

その時宮沢りえは子供になんと説明するのでしょうか?

取り返しがつかないことを既にやってしまった後です。

そして元夫は子供との面会ができるときまで待てるでしょうか?

宮沢りえはなくなった母親の強引なプロデュースと同じ過ちをしているのではないでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事

スーパーファミコンミニクラシック名作 rpg収録発売

 任天堂は家庭用ゲーム機「スーパーファミコンミニクラシック」を2017年10月5日(木)に発売するこ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
デッドプール2 前売り券が世界同時発売

公開を6月2日に控えたデッドプール2の前売り券が2018年4月19日か

井桁弘恵が11代目ゼクシィCMガールに選ばれるまで

ご報告🌼この度、ゼクシィ11代目CMガールに選んでいた

no image
吉田鋼太郎の徹子の部屋

2018年4月20日の徹子の部屋のゲストは吉田鋼太郎です。 吉田

テレビ朝日は何故今になってセクハラ被害を名乗り出たのか?

テレビ朝日が4月18日午前0時に記者会見を開き「女性社員がセクハラを受

no image
貴乃花一門が看板をおろす?一兵卒としてのこだわり?

相撲協会とのトラブルがづついた貴乃花親方が 貴乃花一門が看板をお

→もっと見る

PAGE TOP ↑