*

日本にも10mを超えるティラノサウルス科の大型肉食恐竜がいた

公開日: : 未分類

福井県立恐竜博物館と長崎市は、ティラノサウルス科の獣脚類(肉食恐竜)の大型種のものとみられる歯の化石2点が見つかったと発表しました。

長崎半島西海岸の白亜紀後期の地層である三ツ瀬層(約8100万年前)から昨年の5月に発掘されたものです。
保存状態の良い左下顎の歯(長さ8・2センチ、幅3・8センチ、厚さ2・7センチ)、欠損と変形がある歯(長さ7・8センチ以上、幅3・7センチ以上、厚さ2・2センチ以上)で、歯の両側には肉食恐竜に特徴的なノコギリ状の微細な突起が無数にあります。
歯の大きさから体長は10メートル前後と推測されています。
ティラノサウルス科の恐竜や祖先的な種類を含むティラノサウルス上科の化石は近年、福井、石川、兵庫、熊本、福島の5県で見つかっていますが、いずれも体長3〜5メートルの小型個体とみられ、年代も今回より古いものです。
ティラノサウルス科の大型種の化石の発見は国内では初めてです。

日本で約8100万年前の大型恐竜の発見がされましたが、このころの日本列島は下記の大陸移動説等により大陸と一体であったとされています。
ティラノサウルス科の恐竜は以前は白亜紀後期を代表するグループでしたが白亜紀前期からも知られるようになってます。(恐竜の生存時期 参照)



●大陸移動説
アルフレッド・ウェゲナーは3億年前には超大陸パンゲア地球に存在していたと提唱しました。
現在では、詳細な地質学的証拠などから、パンゲアは約3億年前ごろに形成され、約2億年前から分裂を開始したことが分かっています。
約2億年前は5大大陸は一体のものだったのですが、マントル滞留の影響によって現在の形のようにバラバラになったとする学説が有力です。

また、白亜紀(約1億4500万年前から後期6600万年前)には温暖化で北極・南極の氷がとけたことが原因の1つとなった海面の上昇などによって、
北アメリカ大陸が真っ二つに分断されてしまいました。

7000万年前(白亜紀後半)には日本海はまだなく大陸と一体で、日本海が出来たのは2500万年前といわれています。





●恐竜の生存時期

三畳紀の中ごろ(およそ2億4,000万年前)には地球上に登場していたとされる恐竜ですが、ジュラ紀には多くの種へと進化し、
陸上で最も繁栄していた動物となります。

白亜紀に入っても恐竜のこの絶好調ぶりは止まらず、引き続き陸の王者として君臨(くんりん)しました。

白亜紀の海面上昇による北アメリカ大陸の分断により
恐竜たちは東の陸地(アパラチア大陸)と西の陸地(ララミディア大陸)で別々に進化をするようになりました。

分断以後はそれぞれの大陸でしか見ることのできない新たな種類の恐竜たちがたくさん登場しました。
北アメリカ大陸のおよそ7,500万年前(白亜紀の終わりごろ)の地層からは、それ以前やそれ以後の時代の地層よりも多くの種類の恐竜の化石が見つかります。


スポンサードリンク

関連記事

2015年夏の外房の海水浴場の穴場はどこ?

夏本番になり、夏休みシーズンと重なり海水浴場へまっしぐらへ行きたい気分です。 友達や彼女彼氏と

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

no image
関ジャニ∞音楽王NO.1決定戦!!鈴木瑛美子優勝の行方は

  2017年9月29日関ジャニ∞音楽王NO.1決定戦

no image
認知症予防に脳を若返らせるNGF たけしの家庭の医学

2017年9月26日のたけしの家庭の医学 「認知症予防に脳を若返らせる

no image
内臓脂肪を減らす たけしの家庭の医学

2017年9月26日のたけしの家庭の医学 「内臓脂肪を減らす」を紹

肌を守るスパイス クミン特集あさイチ

9月26日あさイチでは肌を守るスパイス クミン特集を放送しました。

no image
丹野こんにゃく番カフェでのこんにゃくの使われ方

2017年のガッテンでは山形県の丹野こんにゃくの社長が出てきてこんにゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑