*

平野歩夢の平昌オリンピックの決め技バック・トゥ・バックのダブルコーク1440と1260を連続とは?

公開日: : トレンド

平野歩夢は平昌オリンピックに対して「圧倒的な差をつけて滑れれば後悔はない」と明言しています。

圧倒的な差をつけるとは、平昌オリンピックでバック・トゥ・バックのダブルコーク1440と1260を連続で決めることです。

ショーンホワイトはW杯4戦で100点満点をだしている強敵です。

注目すべきはW杯4戦に平野歩夢は参戦していないことです。

平野歩夢はすでにオリンピック出場の内定を受けていたので、ショーンホワイ以上のルーティンを狙ってトレーニング中だったのです。

その成果は15日後の2018年 1月28日に出てきました。

平野歩夢はX GAMES・アスペン2018のスノーボード・ハーフパイプで前人未踏の超難度の技をやってのけました。

約6メートルのバックサイドエアを披露し、フロントサイドダブルコーク1440からキャブダブルコーク1440を入れ込み、さらにフロントサイドとバックサイドのダブルコーク1260を連続で披露しました。

バック・トゥ・バックのダブルコーク1440と1260を連続で決めたのは史上初の快挙です。

2月13日平昌オリンピックのスノーパイプ競技予選まで残す日にちは15日での事でした。

現在のところ左右の両サイドでこのダブルコークを決められるのは、平野とショーン・ホワイトの2名だけと言われています。

キャブダブルコーク1440とは

キャブダブルコーク1440の意味ですが、分解して説明しましょう。

・キャブとは

スイッチスタンスでフロントサイドに回転することを、キャブといいます。

(スイッチスタンスとは、通常のスタンスから他のスタンスに変えていることを言います。

メインスタンスがレギュラーの人はグーフィースタンスになっている状態。

グーフィースタンスなら、レギュラースタンスになっている状態のこと。)

・ダブルコークとは

ダブルコークスクリューの略で

横に3回転、縦に2回転する技はダブルコークテン(1080°)

横に3回転半になれば、ダブルコークトゥエルブ(1260°)

となります。

もうお判りでしょうが

・1440とは

回転数を表現していて360°の1回転を4回転することです。

 

スポンサーリンク




 

フロントサイドダブルコーク1440

フロントサイドとは、前方に胸を開きながら回転していく方向のことを指します。

1. まず、通常のスタンスでお腹側に位置するフロントサイドの壁に侵入して、踏み切ります。

2. そして谷側方向へ4回転!と、その最中に縦に2回転!着地は通常のスタンスとは反対のスイッチスタンスとなります。

平野歩夢は平昌オリンピックでバック・トゥ・バックのダブルコーク1440と1260を連続で決めるか

X GAMES・アスペン2018でバック・トゥ・バックのダブルコーク1440と1260を連続で決めた平野選手ときのエアは6mでした。

平昌オリンピックでの予選でのエアの高さは平野歩夢は5.2m、ショーンホワイトは5.7mでした。

現在のところ左右の両サイドでこのダブルコークを決められるのは、平野とショーン・ホワイトの2名だけと言われています。

平野歩夢が平昌オリンピック決勝で知用難度の大技バック・トゥ・バックのダブルコーク1440と1260を連続を首尾よく決めて優勝してほしいものです。

スポンサードリンク

関連記事

宮本信子の徹子の部屋2018年

2018年2月5日の徹子の部屋は女優でJAZZシンガーの宮本信子(72才)が出演しました。 5

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
水を吸わず油だけを吸う新油吸着材とは?被災地で活躍!!羽鳥慎一モーニングショー

2019年9月3日の羽鳥慎一モーニングショーは 水を吸わず油だけを大量

no image
腎臓の機能が低下すると運動しても筋肉が衰える!!回復の対策は?

2019年8月13日のたけしの家庭の医学は 運動を日課にするシニアでも

no image
ギャラ飲み女子はどんな女の子?専用サイトの実態は

2019年8月9日の大下洋子ワイド!はギャラ飲み女子はどんな女の子なの

no image
肉の特売・浦安市マルヨシ商事の目玉と高級和牛の激安価格は?

マルヨシ商事が毎月開催する一般に仕入れ値そしてタイムールには4割引の激

no image
小泉進次郎衆院議員と滝川クリステルが結婚!!安倍首相のアドバイスは

2019年8月7日に小泉進次郎衆院議員と滝川クリステルが結婚するこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑