*

平野歩夢の平昌オリンピックの決め技バック・トゥ・バックのダブルコーク1440と1260を連続とは?

公開日: : トレンド

平野歩夢は平昌オリンピックに対して「圧倒的な差をつけて滑れれば後悔はない」と明言しています。

圧倒的な差をつけるとは、平昌オリンピックでバック・トゥ・バックのダブルコーク1440と1260を連続で決めることです。

ショーンホワイトはW杯4戦で100点満点をだしている強敵です。

注目すべきはW杯4戦に平野歩夢は参戦していないことです。

平野歩夢はすでにオリンピック出場の内定を受けていたので、ショーンホワイ以上のルーティンを狙ってトレーニング中だったのです。

その成果は15日後の2018年 1月28日に出てきました。

平野歩夢はX GAMES・アスペン2018のスノーボード・ハーフパイプで前人未踏の超難度の技をやってのけました。

約6メートルのバックサイドエアを披露し、フロントサイドダブルコーク1440からキャブダブルコーク1440を入れ込み、さらにフロントサイドとバックサイドのダブルコーク1260を連続で披露しました。

バック・トゥ・バックのダブルコーク1440と1260を連続で決めたのは史上初の快挙です。

2月13日平昌オリンピックのスノーパイプ競技予選まで残す日にちは15日での事でした。

現在のところ左右の両サイドでこのダブルコークを決められるのは、平野とショーン・ホワイトの2名だけと言われています。

キャブダブルコーク1440とは

キャブダブルコーク1440の意味ですが、分解して説明しましょう。

・キャブとは

スイッチスタンスでフロントサイドに回転することを、キャブといいます。

(スイッチスタンスとは、通常のスタンスから他のスタンスに変えていることを言います。

メインスタンスがレギュラーの人はグーフィースタンスになっている状態。

グーフィースタンスなら、レギュラースタンスになっている状態のこと。)

・ダブルコークとは

ダブルコークスクリューの略で

横に3回転、縦に2回転する技はダブルコークテン(1080°)

横に3回転半になれば、ダブルコークトゥエルブ(1260°)

となります。

もうお判りでしょうが

・1440とは

回転数を表現していて360°の1回転を4回転することです。

 

スポンサーリンク




 

フロントサイドダブルコーク1440

フロントサイドとは、前方に胸を開きながら回転していく方向のことを指します。

1. まず、通常のスタンスでお腹側に位置するフロントサイドの壁に侵入して、踏み切ります。

2. そして谷側方向へ4回転!と、その最中に縦に2回転!着地は通常のスタンスとは反対のスイッチスタンスとなります。

平野歩夢は平昌オリンピックでバック・トゥ・バックのダブルコーク1440と1260を連続で決めるか

X GAMES・アスペン2018でバック・トゥ・バックのダブルコーク1440と1260を連続で決めた平野選手ときのエアは6mでした。

平昌オリンピックでの予選でのエアの高さは平野歩夢は5.2m、ショーンホワイトは5.7mでした。

現在のところ左右の両サイドでこのダブルコークを決められるのは、平野とショーン・ホワイトの2名だけと言われています。

平野歩夢が平昌オリンピック決勝で知用難度の大技バック・トゥ・バックのダブルコーク1440と1260を連続を首尾よく決めて優勝してほしいものです。

スポンサードリンク

関連記事

no image

竹井仁教授の大根おろしの疲れないおろし方とは?あさイチ

大根おろしの疲れないおろし方は?あさイチ 2018年11が13日のあさイチは「大根おろしの疲れ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
GACKTの輸出と輸入の収入とは?なんでそんなにお金あるの?

GACKTが2019年02月16日に 「徳井と後藤と麗しのSHELLY

no image
ヴィーガンのカレーが絵画みたい!!村田倫子がバゲットで紹介

2019年2月20日の日テレ「バゲット」で村田倫子が紹介したのは絵画の

no image
花粉対策グッズ2019年の東急ハンズ売れ筋ベスト3は

2019年2月19日のめざましテレビは今年の花粉症対策グッズベスト3を

no image
田島貴男の接吻のカバー曲・英語版のおすすめはShanti

田島貴男の名曲「接吻」は多くのアーティストにカバーされています。

no image
藤田菜七子がG1で実力を発揮!めざましの三宅正治も評価する技術力とは

2019年2月17日東京競馬場で開催されたフェブラリーステークス(GI

→もっと見る

PAGE TOP ↑