*

貴乃花親方おかしいと言われるのは何故?

公開日: : トレンド

貴乃花親方の言論について、激しく反発する芸能人や同業者の方々が少なく有りません。

貴乃花親方おかしいと言われるのは何故でしょうか?

貴乃花親方の言論は正論に聞こえても、

過去の行動や言動からみてどこか矛盾点があっておかしいのでしょう。

しかし、相撲界全体が矛盾のさなかにあるのです。

貴乃花親方について調べると浮かび上がってくるいくつかの矛盾点があります。

貴乃花親方おかしいのは何故?貴乃花部屋へベンツで出勤


2005年に夕刊フジの記事が気になります。


師弟が一緒に暮らす…。部屋制度を中核としている大相撲界では当たり前のことだが、貴乃花部屋だけは別。去年2月に二子山親方から部屋を継承しておよそ1年半。貴乃花親方は朝、妻子とともに暮らす都内・東五反田の豪邸からベンツで出勤し、けいこが終わるとまた、自宅に帰る、という大会社の重役のような通勤をしていた。こんなことをしている親方は、過去にも現在にも大相撲界には他にいない。
帰宅中は弟子だけになり、何かトラブルが発生したときにどうするか。多くの問題もはらんでいるだけに、この手抜き指導に対する大相撲界内の風当たりは強く、貴乃花批判の温床のひとつにもなっていた。だが、どうして貴乃花親方はこんな前例のない指導をしていたのか。故二子山親方と親しかった人物はその理由をこう明かす。
「力士と一緒に暮らすのは子供の教育上良くない、と奥さんの景子さんが反対しているからです。貴乃花には1男2女の子供がいますが、長男はとても頭がよく、景子さんはこの子を3代目の力士ではなく、全く別の職業、例えば医者とか、学者などにしたいそうです。子供のためといわれては、さすがの貴乃花も何も反論できないようです」

2005年8月2日(火) 17時1分 夕刊フジ

この記事は今から10年以上前の記事ですが、現在も品川の自宅から江東区の貴乃花部屋までベンツで出勤しているようです。

弟子と寝食を共にするのが親方一家の伝統です。

現貴乃花親方の一家については当てはまらないようです。

貴乃花のお母さんの藤田紀子は30年間も50人の弟子の食事を作り続け弟子の面倒みました。

その中で生まれる信頼関係が弟子たちが歩む道をコントロールしたことでしょう。

しかし、花田景子夫人にもいいぶんはあるのです。

それは相撲界の風土です。

2018年1月20日の日刊ゲンダイです。

貴乃花親方が新年更新したホームページの記事について激しく関係者が反発している様子を取材しています。

「これから本人に未来を切り拓かせるためには、今回の事件を乗り越え、精神的肉体的な懸念を克服し、後遺症の恐怖にも打ち勝たなければなりません。
そのための指導は、惜しむことなくして参ります」などと(ホームページでは)つづっているが、これに反応したのが協会内部の親方たちだ。
「弟子を守るとか、指導は惜しまないなんて、よく言いますよ」と、親方のひとりがこう言った。

「親方は通常、部屋で弟子たちと寝食を共にします。それこそ朝稽古に始まって夜寝るまで弟子たちの面倒を見る。弟子の日常まで把握しなければ本当の意味での教育はできないし、弟子の行動に関しては責任を負う立場にあるからです。けれども、貴乃花親方は通い。
品川の自宅から江東区の貴乃花部屋に通っているのです。

よんどころない事情があって部屋に通っている親方も中にはいますが、ほんのひと握り。
というか、通い親方なんてほとんどいません。
貴乃花部屋であんな事件が起きたのも、親方の目が行き届いていない何よりの証拠ですよ」
親方の言う「あんな事件」とは昨年暮れの12月29日、新三役の貴景勝、貴公俊・貴源治の兄弟が銀座の繁華街をジャージー姿でウロウロ。
あろうことか師匠の貴乃花親方が理事解任提案された翌日、服装規定違反の失態をしでかし、年明けの稽古総見で春日野理事から叱責された一件のことだ。
「弟子たちの失態は、はっきり言って貴乃花親方の指導力不足、通い親方の弊害さ」と、親方連中ひんしゅくを買ったのは記憶に新しい。



力士は人前へ出る際には、まげを結って着物もしくは浴衣を着ることが慣習とされているのです。

知ってはいるのでしょうが、それをしないのは 力士としての誇りを持っていないのでしょう。

貴乃花親方は2017年末まで依然として、通い親方をしていたようです。

その理由については

「力士と一緒に暮らすのは子供の教育上良くない、と奥さんの景子さんが反対しているからです」とまで言われいます。

貴乃花部屋の力士の心情は察するに余りあります。

これでは弟子と親方一家との間に信頼関係はないでしょう。

部屋の力士の面倒見よりも子供の教育の方が大切と言われているのですから、部屋に愛着を持つはずがありません。

理事選の投票結果で貴乃花親方が集めた票数が2票だったことが

親方衆の貴乃花親方に対する厳しい評価を示しています。


貴乃花親方の理事戦結果は?速報


相撲協会と貴乃花親方との対立の中での情報合戦でもありましょう。

それでも貴乃花親方おかしいというこの周囲の評価を改善する改革を貴乃花親方は迫られています。

形はどうあれ弟子たちと親方一家との信頼関係を構築することです。

弟子たちとの信頼関係を表す記事も出てきます。

貴乃花親方おかしいのは何故?自分たちも暴力体質なの?


貴乃花親方の弟子に対する暴行疑惑を、「週刊新潮」(新潮社)の2012年5月3・10日号が報じているのです。

しかしながらこれは相撲界すべてに残っている悪しき慣習であることも事実でしょう。

貴乃花親方もそういう育てられ方をされてきたのでしょうから。

同誌に告白したのは、2年前に入門し、今年3月8日に廃業した18歳の元弟子。
この元弟子によると、今年1月の初場所で、入門から初めて勝ち越したため同親方に報告に行くと、「なんで先輩よりも先に報告に来るんだ!」と怒鳴りつけられ、
腹や顔面をボコボコに殴られたという。
この元弟子に対する同親方の暴行は入門から1年が過ぎたころから突如始まったが、同親方の弟子たちへの暴行は以前からほぼ満遍なく行われ、
1人につき多い時は週に1~2回、少なくとも月1回は繰り返されていたという。

部屋のおかみさんである景子夫人も見て見ぬふりだったというが、この元弟子が部屋を飛び出すと、
実家の父親に電話をしてきた景子夫人は、父親から同親方の暴行を聞かされ「知らなかった……ショックです……」と話したという。

さらに、同部屋からは円満解決を図るべく、これまでの生活について「いじめや問題となる行為をなんら受けることはなく……」などと書かれた「誓約書」なる文書が送られ、文書に親子で署名・捺印しての返信を求められたという。
怒りが収まらない父親は2度にわたって日本相撲協会に抗議するもナシのつぶてだったというから、角界の変わらぬ体質がまたまた浮き彫りになってしまった。

今回犠牲者となった貴ノ岩にも暴行疑惑があるのです。

2018年12月28日夕刊フジ

元横綱日馬富士(33)に暴行を受けた十両貴ノ岩(27)が、逆に“暴行疑惑”で昨年12月27日に東京地裁へ証人として出廷していたことが26日、わかった。
引退した貴乃花部屋の元幕下力士が日本相撲協会を訴えている民事訴訟で、3人の元力士が貴乃花部屋で行われていた暴力の実態などを証言。
貴乃花親方(45)と花田景子夫人(53)も貴ノ岩と同日に証人尋問で出廷した。訴訟は現在も東京高裁で争われている

貴乃花親方は日馬富士の暴行については

弟子の教育は親方がするものであって他の力士からされるものではないといっています。

言い方を選んでいますね。

これでは花田景子婦人が子供の教育に悪いと言って自宅にいることも理解できる面がありそうです。

貴乃花がおかしい?何故のまとめ


相撲界で育った貴乃花が自ら体質を変えていくのは気づきがないだけに困難なところがあります。

アナウンサー出身の花田景子夫人の目が社会的公平感がありますが、

貴乃花部屋を遠くから見ざるを得ないというのも問題です。

そのようにならざるを得ない風土が色濃く残っているのでしょう。

今後の貴乃花親方が目指すものは相撲協会の透明性です。

その実現には自身の言動に対して

後ろ指をさされない努力が求められているようです。


貴乃花親方が語る真実とは。105日沈黙破りすべてを語る


どれもこれも内部からの解決だけではなく、外部からの協力も必要でしょう。

貴乃花親方おかしいと言われるのは何故?息子が逃げ出した


貴乃花の長男 花田優一が靴職人になった経緯を振り返ると貴乃花親方の性格の一端を垣間見えてきます。

花田優一は2017年「しゃべくり7」で父が怖くてアメリカへ渡航した経緯を喋りました。

小学6年までは、年に1、2度だったんですよ、怒られるのが。
卒業式の日に母と3人でご飯を食べていたら、「明日からお前が調子に乗ったら引きずり回すから」って。
次の日学校から帰って「ただいま」って言ったら、「何だそのただいまは」ってなって。

中学生だと、今日学校で何あったって言われて、「普通」とか言うじゃないですか。
「普通って何だよお前」って。
「なんか話せよ」みたいな。
鬼だったんですよ。
これ以上いたら俺死ぬと思って、早くモノになってこの地獄から抜け出さなきゃと思いました。

18歳からはイタリアのフィレンツェの靴工房3年間修行しました。
2015年に帰国して靴職人として活動しています


花田優一が中学生になったのは13才の2009年ですから、この頃の花田家は子供の教育に悪いという花田景子夫人の方針で自宅住まいでした。

特に力士の目はとどかないのに息子に過剰に厳しくあたったのは花田景子夫人もびっくりでしょう。

おかしなことを言いだした貴乃花親方の陰で息子の糸を引いたのは花田景子夫人でしょう。

語学留学とか理由をつけて送り出したのでしょう。

関係記事


貴乃花はおかしい?いいところは?

スポンサードリンク

関連記事

県立三ツ池公園の桜の2018年の開花時期と見所は?

この記事は神奈川県の県立三ツ池公園の桜の2018年の開花時期はいつで見所はどこにあるのかを書いたもの

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
物忘れ・認知症予防のポイントとは?記憶を良くしたい人は注目!!ガッテン!!

2018年5月23日のガッテンは物忘れや認知症を予防できる「記憶物質」

no image
お金がかかるスポーツランキング!!一流アスリート達が公開

2018年5月21日の「中居正広の身になる図書館」は一流アスリート達が

no image
三田杏・ナゼ 介護士から“AV女優”に!?

2018年5月18日の「じっくり聞いタロウ」は19歳で介護士から“AV

no image
香西かおりの家族との生活・徹子の部屋

昨年、認知症を患っていた母が亡くなりました。 母に寄り添うため、

no image
橋爪功の思い出と現在・徹子の部屋

2018年5月24日の徹子の部屋は橋爪功がゲストです。 橋爪功は

→もっと見る

PAGE TOP ↑