*

本田真凛は平昌オリンピックアスリートへ成長できるか

公開日: : イベント, トレンド

平昌オリンピックアスリートに成長する夢を持つ本田真凛の特集がNHK「アスリートの魂」で放送されました。

現在平昌オリンピックアスリートの出所枠は2名です。

有力候補は、宮原知子 (19歳)、三原舞依(18歳)、樋口新葉 (16歳)、本田真凛 (16歳)の4名です。

11月現在本田真凛は他の3人から自己ベスト得点で16点以上の差をあけられています。

161cmと長身で手足も長く、美形で性格も良い本田真凛は人気も高く是非平昌オリンピックアスリートに成長する夢を実現してほしいものです。


本田真凛の平昌オリンピックアスリートへ成長への課題は? 圧倒的な得点差


平昌オリンピックアスリート2名の枠に対して現在本田真凛をふくめて4名の有力候補がいると言われています。

本田真凛の得点は現在最下位です。

他の3名との自己ベストの得点差は16点以上のひらきがあります。

★宮原知子 (19歳) 218.33点

★三原舞依(18歳) 218.27

★樋口新葉(16歳) 217.63

★本田真凛(16歳) 201.61

これは圧倒的な差です。

樋口新葉と本田真凛は同じ16歳ですが、8月生まれと1月生まれとの差があって樋口新葉が多くの大会経験を積んでいます。

この得点差を跳ね返してライバルに追い付くにはどうしたら良いのか?

本田真凛が考えて実行したのは

何度の高い3回転の連続ジャンプを組み入れることでした。


本田真凛の平昌オリンピックアスリートへ成長への課題は?新技への挑戦?


これまで取り組んできた3回転フリップの基礎点 5.3です。

新しく挑戦する3回転ルッツの基礎点は6.0ですが、

滑ってきた反対に踏み切るために難しいとされています。

増してプレッシャーがかかる試合で確実に成功させるのは難しい技です。




濱田美栄コーチは本田真凛が小学2年生の時からコーチしてきました。

彼女は宮原知子をコーチしてきた経験もあります。

濱田美栄コーチは本田選手の「3回転ルッツ」への決断を尊重しました。


しかし濱田美栄コーチは直前での変更はリスクがあると考えていました。

「ジャンプよりも基本的なものが上がってこないと世界では戦えないので

ちゃんと練習をして確率を上げて信頼のできる技となって

やりますと言ってほしい」

ただ本田選手自身に迷いはありませんでした。

納得がいくまで練習して自身を持って

2017年10月のグランプリシリーズ カナダ大会 にのぞみました。


本田真凛の平昌オリンピックアスリートへ成長への課題は?挫折と気持ちの切り替え



本田真凛はカナダ大会の前日の練習でも3回転ルッツに成功して 手ごたえをかんじていました。

大会本番ショートプロクラム 「The Giving」が始まりました。

一つ目のルッツでバランスを崩し二つ目のジャンプで転倒しました。

冒頭での大きな減点です。

スピンでも軸が大きくぶれて 最低評価のレベル1でした。

本田真凛は動揺を隠せまんでした。

ショートプログラムは 自己ベストよりも15点以上低い得点 52.60に終わりました。

本田真凛のいつもの笑顔は消えました


初めて味わう挫折でした。

濱田コーチに諭されたのは

「ジャンプのミスは仕方がない。

でも気持ちを切り替えて演技を立て直す

それがアスリート」

本田選手はその言葉をかみしめていました。

本田真凛の平昌オリンピックアスリートへ成長への課題は地道な練習から


グランプリシリーズ中国大会へ向けて本田真凛は基本的な練習に汗を流しました。

前日の会場での下見では報道陣と目を合わせようともしませんでした。

練習では

何度の高い3回転ルッツは取りやめていました。

確実な演技に立ち戻ろうとしているようでした

どんな思いで試合に臨もうとしているようでした。

濱田コーチからは

「真剣な顔がにあわないよ
へらへらしているキャラでいつも通りの感じで行こう」と言われました


グランプリシリーズ中国大会ではジャンプの回転不足のミスに速気持ちを切り替えてステップでは最高評価のレベル4を取りました。

ショートプログラムは 今シーズンの自己ベスト 66.9でした。

本田真凛この練習を続けたら今より進化した演技ができると確信できました。

本田真凛は平昌オリンピックアスリート代表候補に留まることができました。

本田真凛が平昌オリンピックアスリートへ成長の可能性は才能と若さ


第86回全日本フィギュアスケート選手権大会は12月20日~24日に開催されます。

この大会は平昌オリンピック、2018年世界選手権、2018年四大陸選手権、および2018年世界ジュニア選手権の最終選考会とされます。

本田真凛は

「その瞬間まで全力を出し尽くす

自身がない状態で試合に臨みたくない

しっかり練習したい!!」と意欲をたぎらせていました。

3人の先輩との得点差を

挫折を味わった今、本田真凛の天性の表現力と身体能力、若さ、分析とトレーニングは経験不足を補って余りあるでしょう。

優勝の二文字期待しましょう。

第86回全日本フィギュアスケート選手権大会は12月20日~24日

スポンサードリンク

関連記事

no image

朝早めの通勤がお得なマクドナルド!!場所と期間と時間は

マクドナルドは朝早めの通勤がお得な夏の早朝限定キャンペーンを実施します。 2018年7月2日か

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
鈴木紗理奈の現在は?徹子の部屋

2018年8月20日の徹子の部屋は鈴木紗理奈がゲストです。 最近

no image
虫が一番集まるコンビニはどこか?羽鳥慎一モーニングショウ

虫が夜に一番集まるコンビニはどこかという 思いもかけなかったこと

no image
TWICEの解禁MVはBulldozerと愛の「BDZ」!!

2018年8月17日のZIPはTWICEの新曲「BDZ」MV解禁をつた

no image
Foorinとパブリカの作られ方は?米津玄師や辻本智彦がしたことは

子供目線だけど大人の創作力が生んだ「新しい応援ソングと踊り」が「Foo

no image
DA PUMP「USA」が美女ダンスチームとコラボが見れるのはどこ?

DA PUMP「USA」が美女ダンスチームとコラボが新しく映像と共に配

→もっと見る

PAGE TOP ↑