*

加藤一二三 引退決定伝説

公開日: : 最終更新日:2017/06/21 トレンド

加藤一二三九段が、最後の引退決定の一局でも伝説を残しまた。

将棋界現役最年長の加藤一二三九段(ひふみん)が20日午後8時10分、東京・将棋会館であった竜王戦6組昇級者決定戦で高野智史四段に9時間に及ぶ熱戦の末敗れ、62年10カ月に及ぶ現役生活を終えました。

加藤九段は2016年度の名人戦順位戦で、最も下のクラスのC級2組からフリークラスへ降級しました。

規定ではフリークラスに陥落すれば60歳で引退という年齢制限があって、残る棋戦全てに敗退した時点での現役引退が決まっていました。

投了前にタクシーを呼んで、ノーコメントで去って行く、あまりに潔いかっこが良い幕引き伝説となりました。

加藤一二三・九段は

「きょうは(対局後の)感想戦はしません。コメントも出しません。(引退になりますが)話はありません」

といって対戦場所を後にしました。

その後加藤九段のツイートがでました。



▼加藤一二三 引退決定伝説 目次


  1. 加藤一二三 引退決定伝説 伝説的食欲
  2. 加藤一二三 引退決定伝説 伝説的体力
  3. 加藤一二三 引退決定伝説 自分から引退するのではない
  4. 加藤一二三 引退決定伝説 63年間現役

加藤一二三 引退決定伝説 伝説的食欲


引退をかけた一戦にも拘わらずひふみんの食欲は旺盛でした。

昼はうな重(竹)昼食後のチーズを平らげ更にチーズを口に放り込みました。

午後3時30分おやつの時間はでも2パックのチーズをぺろり。

17時の夕食では天ぷら定食し冷やし玉子。

空腹だと短期になりがち短気では勝てないとのポリシーを持つひふみんです。

終局後、加藤九段が感想戦を行わずに大勢の報道陣を振りきって脱出する一幕がありました。

大勢の報道陣が詰めかけましたが、投了を覚悟した加藤九段はタクシーを手配しました。

靴やバッグを用意して、観戦記者に「今日は感想戦はしません」と告げて、投了と同時に席を立ったものです。

エレベーターに乗り込むと、会館の外に待たせていたタクシーに乗り込んで、報道陣のフラッシュを浴びながら立ち去りました。

短気がなしたわざではなくて、最終戦ゆえにじっくりと考慮してコメントを送りたいと思われたのでしょう。



スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9344370992241982"
data-ad-slot="3554108502">



目次に戻る

加藤一二三 引退決定伝説 伝説的体力


将棋の現役最高齢棋士、加藤一二三・九段(77)が勝てば自身の最高齢勝利記録を77歳5カ月に更新、負ければ現役引退となる対局が20日、竜王戦ランキング戦6組で新鋭の高野智史四段(23)を相手に、東京都渋谷区の将棋会館で行なわれました.

加藤九段は2016年度の名人戦順位戦で最も下のC級2組から降級していて規定により、残る棋戦全てに敗退した時点での引退が決まっています。

既に竜王戦以外は敗退している加藤一二三九段は今年1月、故丸田祐三・九段の76歳11カ月を抜き、77歳0カ月の最高齢勝利記録を達成しました。

加藤一二三・九段対局中に後日感想送りますから、すぐ出ますからとハイハイと言って、高野智史四段の次の一手でハイとまいりましたといって将棋会館を後にしました。

77才にもなって自分専用の座布団とはいっても9時間に及ぶ長時間正座できるだけでもすごいことです。

旺盛な食欲、充実した気力と体力も伝説的といってですね。

ただ静かに忍び寄る頭脳の劣化はすべての老人が抗えない人類の宿命です。


目次に戻る

加藤一二三 引退決定伝説 自分から引退するのではない


将棋の加藤一二三(ひふみ)九段(77)の今期限りでの現役引退が決まったのは2017年1月19日です。

引退が決定したことについて加藤九段はこう語りました。

「まだ今後の対局も残っており、全力投球する所存ですので、進退に関するコメントは最後の対局が終わってからに致したいと存じます」

将棋界には、自ら引退を決断しなくとも成績低迷により引退を余儀なくされる規定があるのです。

野球の野村さんのように捨てられるまで現役を引退しない精神力は立派ですね。


目次に戻る

加藤一二三 引退決定伝説 63年間現役


加藤一二三(ひふみ)九段通算勝利数は大山康晴十五世名人、羽生善治棋聖(46)=王位・王座=に次ぐ1324勝で、敗戦は歴代最多の1180敗。

加藤九段は福岡県出身。昭和29年、当時最年少の14歳7カ月でプロデビュー。18歳で順位戦最高位のA級に昇格し、「神武以来の天才」と呼ばれました。

43年に初タイトルとなる十段(現・竜王)、57年の名人戦では中原誠十六世名人(69)との熱戦を制して初名人を獲得するなどタイトル獲得は通算8期でした。

40才も年下の自分の息子のような高野智史四段(23)を相手に敗れ63年間にわたる現役生活に幕を閉じたわけです。



目次に戻る


<関連記事>

藤井四段 速報 28連勝歴代1位 













スポンサードリンク

関連記事

東京で新しく安いビジネス・カプセルホテル WBS

最近は外国人観光客の増加で都内のホテルの稼働率が上がり、日本人ビジネスマンが利用いるホテルが不足気味

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

芦田愛菜がやりたかったこと!!櫻井・有吉夜会

2017年6月29日の櫻井・有吉夜会は芦田愛菜がやりたかったことに挑戦

健康食納豆の食べ方は?ためしてガッテン

健康食納豆糸をひいたりねばねばするのが特徴です。 そんな納豆のお

質屋的アプリCASHスマホで撮影「即入金」

インターネットを使用した新しいビジネスの企画・開発・運営を行う株式会社

世界仰天ニュース食べ物に潜む恐怖2017年6月27日

ディーンフジオカをゲストに招いて世界仰天ニュースが「食べ物に潜む恐怖」

カズレーザーの野球!!バッティングセンターで150kmショートカット

2017年6月28日の絶対カズレーザーは野球経験が0のカズレーザーがバ

→もっと見る

PAGE TOP ↑