*

アルツハイマー病予防する睡眠と食事!ガッテン2017年5月17日

公開日: : トレンド

2017年5月17日のガッテンは認知症 予防の可能性についての特集でした。

今認知症は高齢者の4人に一人の割合と言われています。

その認知症の7割りと書くを占めるのがアルツハイマー型認知症です。

このアルツハイマー病は治療が難しく予防ができないと言われてきましたが

近年の研究では認知症は脳のゴミをきれいに洗い流すことで予防できるそうです。

脳のゴミが固まり始めるのは発症の25年前からということが最近の研究で分かってきました。

アルツハイマー病の始まりは脳のゴミ
人は考えると 脳の中に脳のゴミ(老廃物)が生まれるといいます。

ゴミか゛集まって固まって脳が縮んでしまうのがアルツハイマー病なのです。

脳のゴミの名前は アミロイドβといいます。


アメリカの研究成果で著しいのは   ワシントン大学 の ジョン・モリス教授です。

ジョン・モリス教授はアルツハイマー病は予防できますと言い切ります。

脳のゴミ・アミロイドβの蓄積を表すグラアがあります。

縦軸にアミロイドβ、横軸に年数でグラフを描くと年数と共にアミロイドβが増えていきます。

アルルハイマーになるアミロイドβの蓄積は25年前から始まるそうです。

軽度認知障害はアルツハイマーになる3~5年前から始まります。 
スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9344370992241982"
data-ad-slot="3554108502">



アルツハイマー病予防


アミロイドβがたまりやすくなるひとつの原因は

洗面台に例えることができます。

入ってくる水の量と出ていく排出される水野亮のバランスがとれているかが問題です。

脳のゴミ・アミロイドβの産出量は正常の人もアルツハイマー病の人も同じなのです。

排出量が少なくなるのがアルツハイマー病の人です。

脳のゴミ・アミロイドβはバラバラの内は輩出できます。

固まる前に排出することが肝要です。


アミロイドβは何をすると輩出できるのか

オランダにアミロイドβを排出する方法を明らかにした人がいます。

ラドバウド大学 准教授 ジャーゲン・グラッセンの研究です。 

40~60才の健康な男性を二つのグループに分けます。

徹夜するグループと普通に睡眠するグループに分けたのです。

徹夜した人はアミロイドβが寝る前よりも増えました。

普通に寝た人はアミロイドβが減っていたのです。


睡眠の質も大事だと証明した人もいます。

ワシントン大学のディビッドホルツマン教授です。

ほるつマンは健康な145人の睡眠を調査しました。

熟睡の度合いを測定したのです。

熟睡の度合いか高い人の方がアミロイドβの蓄積量が少ないというデータが取れました。

アミロイドβは質の良い睡眠で多く排出されるのです。

まだどの程度の睡眠不足が影響するのかはわかっていません。

アミロイドベー他の排出の可視化
真っ暗闇の中でネズミの脳の映像をみてアミロイドβの排出を可視化した人もいます。 

オレゴン大学健康科学大学 医学部準教授 ジェフリー・アイリフさんです。

脳の血管の周りを流れて排出されるアミロイドβを映像化しまた。

観察の結果寝ているときの方が起きているときよりもはるかに激しく流れていることがわかりました。

睡眠中に脳は細胞の間にすき間を作っていた。

その脳にできた道を通ってアミロイドβなどの物質を流しやすくしていたんです。

寝ているときの方がアミロイドβが排出されているのを映像で確認できたのです。

認知症予防の鍵とは
鳥取大学 認知症予防学会理事長 浦上教授が説明します。

認知症の予防法の説明です。

★脳のゴミを輩出するには

・睡眠

・夜の方が効率的

 一定時間睡眠時間を取らないと掃除する時間が短くなる


・6~8時間以内の睡眠が  認知症の発祥のリスクが少ない

・30分以内の昼寝をした人は発症リスクが1/5に減る


★脳神経を活性化させる

・有酸素運動

・コミニケーション いろんな人とのおしゃべり

・知的活動 頭を使って指先を動かす  



ここに文章を入力します。
既にアルツハイマーにかかっている人は


いい睡眠が排出を促す

本人が楽しく負担にならない範囲で実行




食事でアルツハイマー予防
アメリカ人の食生活とアルツハイマー病との関係を長年研究しているのはラッシュ大学医療センター 栄養疫学教授のマーサ・クレア・モリスさんです。

モリスさんはシカゴに住む100人の高齢者のアンケート調査をしました。

彼らが食べた食品を144品目に分類しました。 

5年間認知機能との関係を調べました。

すると食べた食材の種類によってアルツハイマー病の発症に劇的な差があることがわかりました。

★発症を抑える可能性のある食材
 
緑黄色野菜、魚、ブルーベリー、nutsなど

★食べ過ぎに注意した方が良い食材

お菓子、バター、ファーストフードなと

これに注意した人は53%もアルツハイマー秒が少ない結果と綯なったのです。

日本人版の食材の解説を国立循環器病研究センター 脳神経内科 医師 斉藤聰 さんに聞きました。

アメリカ人と同じ緑黄色野菜中心のバランスの良い食事をとることが大切。

脳の血管を丈夫にする食事

脳は心臓から送り出す血液の20%を消費します。

脳の機能を良くするには血管の健康を維持することが最も大切なのです。

アミロイドβの排出機構はかなり多くの部分を血管が関係して除去されると考えられています。

しなやかな欠陥だと排出能力も高まるのです。

拍動を維持することがアミロイドβの排出につながるのです。

日本人はアメリカ人に比べて塩分がとりすぎで減塩が大事  日本人は塩分過多が多いので塩分を控えることが大

食事は脳のゴミの排出と神経の活性化の両方に貢献するのです。

スポンサードリンク

関連記事

ロッテ井口資仁が今季2017年限りでの現役引退と成績と収入

ロッテ井口資仁選手が今季2017年限りでの現役引退を決意し、球団に対し、引退の意向を伝えている事が明

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

疲れ目解消法は1分で!!ためしてガッテン2017年7月19日

2017年7月19日のためしてガッテンは疲れ目の原因と解消法を放送しま

カート少年元F1井出 有治さんが応援グータッチ2017年7月8日

小学3年生のカート少年の白井京之介君を元F1ドライバー井出 有治さんが

カート少年元F1井出 有治さんが応援グータッチ2017年7月1日

小学3年生のカート少年の白井京之介君を元F1ドライバー井出 有治さんが

芦田愛菜がやりたかったこと!!櫻井・有吉夜会

2017年6月29日の櫻井・有吉夜会は芦田愛菜がやりたかったことに挑戦

健康食納豆の食べ方は?ためしてガッテン

健康食納豆糸をひいたりねばねばするのが特徴です。 そんな納豆のお

→もっと見る

PAGE TOP ↑