*

第89回アカデミー賞で作品賞を言い間違える珍事発生

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 芸能

アメリカは大統領選からのごたごたがいまた冷めやらず騒然とした状態ですが、アカデミー賞にも波及してきたようです。

第89回アカデミー賞において 作品賞の受賞作品を封筒を間違えて渡すという珍事が発生したのです。

最初は作品賞が「ララランド」と発表され、「ララランド」のスタッフ・キャストが壇上に上がり受賞スピーチをはじめ、

出演者たちは喜びを分かち合いました。

その直後前代未聞の事態が起こりました。

スタッフが壇上に上がり「間違いがありました。冗談ではありません。作品賞はムーンライトです。」

といってムーンライトとかいてある紙を見せました。

びっくりしたのはプレゼンターのウォーレン・ベイティです。

「冗談でやったんじゃないんです。

封筒を拭けたらエマ・ストーン「ラ・ラ・ランド」と書いてあったんです。」

と釈明しました。

どうやら作品賞のプレゼンターに間違って

主演女優賞の封筒が渡ってしまったようです。

結局作品賞は「ムーンライト」で、「ラ・ラ・ランド」は監督賞や主演女優賞など最多6部門を獲得しました。

49509339.cached
今の時代ララランドは少しエンタメ食が強すぎたかも知れません。

去年の「レヴェナント 蘇えりし者」が作品賞など3部門を受賞して「白いアカデミー」とか差別的選考で騒がれたの揺り戻しかもしれませんね。

アカデミー作品賞をなぜ間違って発表する事態になったのか
封筒の手渡しに関するミスが事の始まりです。

この日、作品賞のプレゼンターを務めたのは50年前、アメリカン・ニューシネマの傑作「俺たちに明日はない」でウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイでした。

受賞結果が入った封筒を開けたベイティは、一瞬「?」と戸惑った表情を浮かべると、発表をダナウェイに託しました。

ダナウェイが口にしたタイトルは「ラ・ラ・ランド」でした。

封筒の中には主演女優賞を示す“ラ・ラ・ランド/エマ・ストーン”と書かれたカードが入っていたのだそうです。

その結果、ダナウェイは「ラ・ラ・ランド」を作品賞だと勘違いしたというのが事の顛末のようです。

「ラ・ラ・ランド」陣営の受賞スピーチの最中、スタッフとみられるヘッドマイクをした男性が現れ、封筒を確認するなど右往左往しました。

1人目のスピーチ者が「間違いがありました。冗談ではありません」と切り出し「ムーンライト」と書かれた紙を掲げ、ステージ上は大混乱に陥ったそうです。

「ラ・ラ・ランド」と発表直後の数分間は、「ラ・ラ・ランドが作品賞、7部門獲得」のニュースも国内外を駆け巡ってしまいました。
第89回アカデミー作品賞の映画ムーンライトはどんな映画
アカデミー賞ノミネートされてる映画の公開は毎年 日本の上映はいつも遅れ気味で今の時期公開されていません。

映画「ムーンライト」もまだ日本未公開の映画です。

「ムーンライト」は マイアミの貧困地域で暮らすある黒人の半生を自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描いたヒューマンドラマです。

プロデューサーとしてアカデミー賞受賞作「それでも夜は明ける」も手がけたブラッド・ピットが製作総指揮をとっています。

日本での劇場公開日は 2017年4月28日の予定です。

スポンサードリンク

関連記事

no image

もやもやサマーズと坂東太郎

浦和は結構元気な街ですね。 いろいろ寄り道できるところがあるものね。 今日は、アメリカテキサス出

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

カズレーザーの野球!!バッティングセンターで150kmショートカット

2017年6月28日の絶対カズレーザーは野球経験が0のカズレーザーがバ

そばの実レシピ橋本シェフあさイチ

「ヴィクトリア・シークレット・ファションショー」のスーパーモデル・アド

そばの実でスタイル維持!!スーパーモデルとバレリーナ!!あさイチ

2017年6月27日はそばの実でスタイルを維持するスーパーモデルやバレ

スーパーファミコンミニクラシック名作 rpg収録発売

 任天堂は家庭用ゲーム機「スーパーファミコンミニクラシック」を2017

ノンノ専属モデル久慈暁子アナがクジパンMC

女性ファッション誌ノンノ(non-no)専属モデルを務めた久慈暁子アナ

→もっと見る

PAGE TOP ↑