*

2017年2月10日「その原因xにあり」間違いだらけの風邪の予防対策

公開日: : トレンド

フジテレビは間違いだらけの風邪の予防対策として2017年2月10日に「その原因xにあり」を放送しました。

人が一生の間にひく風邪の回数は200回とかいわれています。
 
最も身近な症状なので従来常識のように様々な予防対策が行なわれてきました。


思われていた風邪の予防対策は間違いだらけと 

芝大門 いまづクリニック院長 今津嘉宏先生は言います。


CuiqWcmXgAA2qXY家に帰ってまず行う手洗い

手洗いはしわの間を入念におこなう


石鹸でよごれを落としますがこれでは不十分です。

ウィルスは手のしわに残りやすいのです。

手のひらを精一杯伸ばしてしわに入ったウィルスを洗い落とす必要があります。

①爪の間

②しわの間(手のひらのしわ、手首のしわ)

③指の間

を入念に洗い流すことが必要です。

うがいのやり方に注意

いきなり喉をうがいするのは間違いと今津嘉宏先生は言います。

いきなりうがいするとウィルスが喉の奥に侵入してしまうからです。

うがいのおおすすめの手順は

①まず口の中をクチュクチュ洗って口の中のウィルスを洗い流す。

②のどを洗うガラガラうがいをしてのどについたウィルスを洗い流す。

③最後に首を左右に傾けてガラガラうがいをする。

のどの両端についたウィルスを洗い流すのです。


風邪で高熱が出たときの体の冷やす場所に注意


そもそも風邪をひいたときに熱が出るのは体内に侵入したウィルスを倒す免疫をパワーアップさせるためです。

風邪をひいて熱が出ることは正常な機能なのです。

しかし

体温の上昇には危険ラインがあると今津嘉宏先生は言います。

 
その発熱の危険ラインとは38.5度が目安です。

これ以上高くなる場合は危険な状態になることがあるので

すぐ熱を下げた方が良いそうです。


体温計で測る表面温度より体の深部は1度ほど高いのです。

対応系出39度を超えると意識の状態が朦朧とした利痙攣をおこすようなことになります。

40度を超えると命に関わる危険な状態になる可能性があるので注意が必要なのです。

したがってできるだけ早く体温を下げる必要があります。


どこを冷やせば良いのでしょうか?


体温を下げるのに最も効率の良い場所とは

正解はおへそです。

おへその下に一番太い血管大動脈が流れているからです。

血流量が最も多いところを冷やすのが体を冷やすのに効率的なのです。

血液は1分で体を循環するのでおへその下の大動脈を冷やすのが最も効率的なのです。

冷やす方法は水を入れて凍らせたペットボトルをおへその下に置きます。




スポンサードリンク

関連記事

米津玄師orion歌詞の(意味)解釈

アニメ「3月のライオン」のエンディングテーマは米津玄師の「orion」が使われていますがその歌詞の解

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

no image
関ジャニ∞音楽王NO.1決定戦!!鈴木瑛美子優勝の行方は

  2017年9月29日関ジャニ∞音楽王NO.1決定戦

no image
認知症予防に脳を若返らせるNGF たけしの家庭の医学

2017年9月26日のたけしの家庭の医学 「認知症予防に脳を若返らせる

no image
内臓脂肪を減らす たけしの家庭の医学

2017年9月26日のたけしの家庭の医学 「内臓脂肪を減らす」を紹

肌を守るスパイス クミン特集あさイチ

9月26日あさイチでは肌を守るスパイス クミン特集を放送しました。

no image
丹野こんにゃく番カフェでのこんにゃくの使われ方

2017年のガッテンでは山形県の丹野こんにゃくの社長が出てきてこんにゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑