*

関ジャニセッションは抱いてくれたらいいのに~嵐の素顔、ひまわりの約束

公開日: : 最終更新日:2015/09/12 関ジャニ∞

5月31日の関ジャニ∞のゲストは手振りの工藤静香さんでセッションは「抱いてくれたらいいのに」~「嵐の素顔」。
もう一人のゲストはドラエモン主題歌作曲の秦基博さんでセッションは「ひまわりの約束」でした。

工藤静香さんは1980年代後半にスーパーヒット連発しました。
関ジャニメンバーとともにそのころのバブル時代の工藤静香さんのステージ衣服を検証しました。
厚め肩パッドで肩幅が広く少しだぶつきのある服をウエストを後ろで絞って着ていたとのことです。
良く孫にも衣装っていいますが衣装は切る人の容姿により映える人、映えない人が決まるようです。
工藤静香さんや古田新太さんが当時のスーツを着ると見栄えしました。
ところが、すばるさんが着ると「すばるが着られてる」と周りから冷やかしの声がかかりました。

工藤さんのヒット曲「嵐の素顔」の振り付けは当時斬新でまね振りをする人が続出しました。
この振り付けは、有名な振り付け師ボビー吉野さんに依頼したものだそうです。
工藤さんは寿司や海外の大きなチップを大口で一口で食べてしまいます。
スタッフの皆さんは工藤さんの口がさけてしまいのではないかと心配するそうです。

秦基博さんは自分で作詞作曲して歌うシンガーソングライターです。
秦基博さんの歌声は平井堅さん、スピッツの草野マサムネさん、Mr.Childrenの桜井和寿さん、山崎まさよしさんなどから 絶賛されています。
彼の説明では高い音が出せるように自分より一二音高い音程を練習してきたそうです。

彼のファンには癒し系の歌声と人に優しい歌詞が愛されていてカラオケでも良く歌われているようです。 
「ひまわりの約束」や 「アイ」は結婚式の披露宴などでも良く歌われますね。

ジョイマン高木さんは秦基博さんの小中学校の同級生でジョイマン結成のきっかけを作ったのも秦基博さんだったとのことです。
池谷さんがひとりでお笑いをやるといったので、秦基博さん不安を感じたので一緒にやればいいじゃんといったらそのとおり
当時高木そんががいろんなことに腐っている時期だったのを見てのアドバイスだったとのことです。

工藤さんと関ジャニ∞のセッションは「抱いてくれたらいいのに~嵐の素顔」です。
安田さん(ギター)・丸山さん(ベース)・錦戸さん(ギター)と工藤さんのコラボです。
工藤さんは3人の演奏がすごい上手くかっこよくてびっくりしたといっていました。
関ジャニが演奏の練習を重ねているのに視聴率が低くなる深夜帯での放送は惜しいですね。

関ジャムと秦基博さんのジャムセッションはドラえもんの主題歌、結婚式でも良く歌われる「ひまわりの約束」です。
安田さん(ギター)・丸山さん(ベース)・渋谷さん(ボーカル)・村上さん(キーボード)と秦基博さんのコラボでした。
最後のセッションは中島みゆきの「時代」を関ジャニ∞・工藤静香さん・秦基博さん全員でコラボです。

関ジャニ∞の新曲「強く 強く 強く」の演奏で今日の関ジャニ∞は終わりました。
来週のゲストは 渡辺美里さん・Superflyさんです。
関ジャニ∞の新曲「強く 強く 強く」のPVは適切なものが見つかりませんでした。


<関連記事>
関ジャム 完全燃SHOWのYOSHIKIときゃりーぱみゅぱみゅ
関ジャム∞完全燃SHOWは小室哲哉とJUJU
関ジャム 完全燃Showsのゆずとmiwa
日曜夜を楽しむ関ジャム完全燃SHOW







スポンサードリンク

関連記事

めざましアクアで関ジャニ∞ 「前向きスクリーム」のPVたっぷり

今日のめざましアクアで関ジャニ∞の新曲 「前向きスクリーム」のリハーサルを含む本番フリたっぷりのPV

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

no image
PON! きょうのおとなりJr.はPrince岸優太!セクシー筋肉生披露2017年8月2日

2017年8月2日のPON! の「きょうのおとなりJr.」はPrinc

疲れ目解消法は1分で!!ためしてガッテン2017年7月19日

2017年7月19日のためしてガッテンは疲れ目の原因と解消法を放送しま

カート少年元F1井出 有治さんが応援グータッチ2017年7月8日

小学3年生のカート少年の白井京之介君を元F1ドライバー井出 有治さんが

カート少年元F1井出 有治さんが応援グータッチ2017年7月1日

小学3年生のカート少年の白井京之介君を元F1ドライバー井出 有治さんが

芦田愛菜がやりたかったこと!!櫻井・有吉夜会

2017年6月29日の櫻井・有吉夜会は芦田愛菜がやりたかったことに挑戦

→もっと見る

PAGE TOP ↑