*

ZIP林家たい平師匠24時間マラソン練習の成果取材

公開日: : 芸能

笑点メンバーの林家たい平師匠の24時間テレビチャリティマラソンのハードな練習状況と成果をZIPが密着取材しました。

林家たい平師匠は6月から本格的トレーニング開始しており体重減量や走行距離に一定の成果を出しています。

そんなたい平師匠をNEWSの増田貴久と笑点メンバーの三遊亭小遊三と三遊亭好楽師匠が激励に訪れました。
  
ダジャレばかりの笑点メンバーですが、三遊亭好楽師匠の問答が早速始まりました。
m_sponichi-spngoo-20160530-0103

「たい平師匠の24時間マラソンと掛けまして」

「背中にやりが刺さった人ととく」

「その心は」

「やりぬかなきゃだめだよ」

それを聴いたたい平師匠は顔がこころなしか引きつりました。

24時間マラソン練習への取り組み姿勢を見ても非常にまじめなたい平師匠です。

どこかに不安を抱えているのでしょうか?

この日のZIP取材ではたい平師匠が走る距離をたい平師匠自身が発表しました。


24時間テレビチャリティマラソンランナー林家たい平師匠の走行距離は

笑点で長年司会者をしていた歌麿師匠を林家たい平師匠が見舞いに行ったときに24時間マラソンの走行距離を決められてしまったそうです。

歌麿師匠の本名は巌とか。

最近笑点を勇退した歌麿師匠は体調も良くて、巌GO状態であるとのことです。

そこで語呂合わせで24時間マラソン走行距離は100.5kmに決められてしまったそうです。

たい平師匠しわく「大切なことをダジャレできめられてしまいました」

これは去年DAIGOの24時間マラソン走行距離と同じです。

100.5kmと聞いた三遊亭小遊三と三遊亭好楽師匠は「何それ!」と驚きの声を上げていました。

去年100.5kmを何とか完走したDAIGOは38才、林家たい平師匠は51才でDAIGOと違って小太りです。

年齢と体重のハンディを克服するには相当の努力が必要ですが、さらに持病も抱えているようです。


林家たい平師匠の持病不安と対策は

落語家林家たい平の職業病ともいえるのが右膝の痛みです。

落語は長時間正座して演題を話しすることになるので膝の負担が大きいところがあります。

もともと太り気味の林家泰平なだけに膝に故障がでているのでしょう。

長時間走ると弱いところから痛みが露呈してくるので、負担を軽くするには体重を少しでも減らす努力が必要ですね。

現在すでに6kg以上体重を落としたそうです。

それでも練習中でもつらいと感じ立ち止まることがたびたびあるそうです。

そんな時はいままで出合わせてもらった人を頭に思い浮かべるとのことです。

この日は35kmもの距離を走りました。

後3kg体重を落とすのが目標の体調管理も順調で腹回りがすっきりとなっているたい平師匠です。


8月27日28日放送には見事に完走するシーンがみられそうです。

スポンサードリンク

関連記事

デッドプールの映画ネタバレ

原作に忠実な描写がなされた実写映画デッドブールはアメリカでは一足早く2月12日から公開されました。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

芦田愛菜がやりたかったこと!!櫻井・有吉夜会

2017年6月29日の櫻井・有吉夜会は芦田愛菜がやりたかったことに挑戦

健康食納豆の食べ方は?ためしてガッテン

健康食納豆糸をひいたりねばねばするのが特徴です。 そんな納豆のお

質屋的アプリCASHスマホで撮影「即入金」

インターネットを使用した新しいビジネスの企画・開発・運営を行う株式会社

世界仰天ニュース食べ物に潜む恐怖2017年6月27日

ディーンフジオカをゲストに招いて世界仰天ニュースが「食べ物に潜む恐怖」

カズレーザーの野球!!バッティングセンターで150kmショートカット

2017年6月28日の絶対カズレーザーは野球経験が0のカズレーザーがバ

→もっと見る

PAGE TOP ↑