*

水カン・コムアイの魅力とヤフオクCMと日清カレーメシ2とのコラボ映像

公開日: : 最終更新日:2017/02/08 芸能

水カンこと水曜のカンパネラのコムアイはヤフオクのCMでコミカルなパフォーマンスと健康的な太腿が大人気でした。

水カンの人気上昇とともに新アルバムのリリースも順調で11月11日にはニューアルバム「ジパング」がリリースされます。

10月22日には収録曲の「ラー」のミュージックビデオが2種公開されました。

新曲「ラー」のMVは王女に扮したコムアイ(Vo)が宇宙へ飛び立つという壮大な内容の作品です。

日清カレーメシ2とのコラボ映像の方は「ラー」のMVの世界観を踏襲した、コミカルな映像に仕上がっています

ヤフオクCMのコムアイの魅力。
コムアイの健康的でコミカルなパフォーマンスと魅力的な太ももで人気のCMになりました。
yahoo-auction1-600x336yjimage

若くて元気溌剌で健康美人のコムアイの魅力があふれています。

それでいて最後の大股開きが不思議さをかもし出すCMでした。
水カン・コムアイの画像が魅力のホームページ。
水曜のカンパネラのホームページ画像はコムアイが大写です。

シャツをはだけているのでブラジャーそして乳首らしきものが透けて見えています。

なんと風雅な構図でしょう。

そして色っぽっさよりも、美しい健康美にあふれているのがコムアイの魅力でしょう。

http://www.wed-camp.com/

この写真は11月13日に発刊される20代女性向けカジュアルファッションマガジン「This!」で初グラビアに挑戦したときの一こまです。

同誌の巻頭グラビアに、「ネクストブレイク最有力候補」、「日本のミュージックシーンを背負っていく存在」との呼び声の高い水曜日のカンパネラのボーカル・コムアイが抜てきされたのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SUPERMAN (CD版) [ 水曜日のカンパネラ ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/2/8時点)


コムアイは、鹿の解体を習得中ということもあり、鹿の剥製とのショットをはじめ、独特な世界観に支配されたインパクトのある撮影にも物怖じせず挑戦しているとのことです。

「進路」にちなんだインタビューでは、生い立ちから、影響をうけた人・音楽、そして今をリアルにじっくりと語っているとのことでコムアイのなぞが少し明かされそうですね。
水カン・コムアイの日清カレーメシ2とコラボ映像の魅力。
水曜のカンパネラはコムアイの魅力もさることながら独特の世界観を売りの一つにしています。

コムアイは、鹿の解体を習得中、歌に入るへんちくりんなラップ、歌については意味のあるラップを歌っている桃太郎のMVを観ると水カン・コムアイの魅力が理解できるでしょう。(桃太郎のMVは一番下です)

独特な世界観とは、元気、勇敢、ハチャメチャ、コミカル、浮遊感等々混沌としたものです。

日清カレーメシ2 「カレーメシと煮込んだラー 篇」
水カン・コムアイの歌の魅力。
ラップと浮遊感が満ちている楽曲がほとんどです。

バックを支える作詞・作曲・演奏のKenmochi Hidefumi(44歳)とマネジメントのDir.Fがしっかりしているので23歳のコムアイの浮遊感を思う存分が際立足せることが出来るのが魅力です。

コムアイは歌はまだ上手とはいえないのですが、歌よりもコムアイのパフォーマンスが最大の魅力かも。

<関連記事>
コムアイと関ジャムの魅力

スポンサードリンク

関連記事

行列のできる法律相談所は中川大志と飯友まりえのカーテンの刑!

2017年2月26日の行列のできる法律相談所は中川大志と飯友まりえのカーテンの刑の話題で盛り上がりま

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
no image
三田杏・ナゼ 介護士から“AV女優”に!?

2018年5月18日の「じっくり聞いタロウ」は19歳で介護士から“AV

no image
香西かおりの家族との生活・徹子の部屋

昨年、認知症を患っていた母が亡くなりました。 母に寄り添うため、

no image
橋爪功の思い出と現在・徹子の部屋

2018年5月24日の徹子の部屋は橋爪功がゲストです。 橋爪功は

no image
小柳ルミ子の母の思い出・徹子の部屋

2018年5月22日の徹子の部屋のゲストは16年ぶりの出演となる歌手・

no image
北朝鮮旅行わからなったことは?ヒット歌手体験談

2018年5月19日のじっくり聞いタロウに出演したのはB-DASHとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑