*

LCCで国内をB787で飛ぶ日

公開日: : 未分類

最新鋭機B787は快適な乗り心地で特に長距離を移動する人は人に優しい優れた機能に魅了されるようです。

現在LCCの国内路線は多数ありますがB787が就航しているLCC路線はあいにくひとつもありません。

9月3日LCCのスクートが全路線B787で就航することになり、記念セレモニーが開催されました。

スクートにはまだ国内路線はありません。

スクートは9月3日成田~台北経由シンガポール線にボーイング 787型機(以下、B787)を投入しました。

これで運行する路線すべてがB787となる世界初のエアラインとなりました。

現在スクートの日本発着の国際線は成田~台北(桃園)~シンガポール、関空(関西国際空港)~高雄またはバンコク

(ドンムアン)~シンガポールの2路線のみです。

どちらも座席数が多い787-9型機が使用されています。



さて問題の国内路線でLCCのB787に乗れるの日はくるのでしょうか。

9月3日のスクートの787就航セレモニーが開催されたときに、スクートの本社営業本部長のスティーブン・グリーン ウェイ氏はWBSの取材に応じ、現在、国内線ドル箱の札幌~東京路線の開設準備に入っていることをあかしたのです。

これは朗報です。

国内路線の東京~札幌にB787がLCCで運行されるのは時間の問題ということです。

国内路線でLCC価格で乗れるようになればB787がぐっと身近になりますね



スクートでは全路線B787就航を記念し「787就航記念特別価格チケット」を9月6日まで同社サイトで販売しています。

割引率はエコノミー、プレミアムシートとなる「スクートビズ」ともに50%OFFです。

販売期間は9月3日 0時~9月6日 23時59分まで、搭乗期間は2015年9月3日~2015年12月20日に設定されています。

ところでB787の乗り心地の快適さはどこにあるのでしょうか

B787の優れた特徴は

・大きい窓(47cm×28cm)今までの飛行機の窓に比べて約1.3倍なので窓際でなくても外の景色がみれます。

・静かなエンジン音 ロールス・ロイス製Trent1000エンジンは控えめな音なのです。

・客室内の与圧高度の改善(従来の8000フィートが6000フィート以下)

・加湿器の標準装備による湿度の改善

これらの特徴は飛行機に載っている時間が長いほど生きてきます。

787は乗る人にとても優しい飛行機なのです。

スポンサードリンク

関連記事

no image

スプラトゥーン完成披露試射会とコラボ

「スプラトゥーン」は銃弾ではなく、インクを撃って戦う3Dのアクション・シューティングゲームです。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

房総半島勝浦市で初日の出と初詣を一緒に 

千葉県浦市には絶景の初詣スポットが数か所あります。 近くには初詣

ペットボトルツリーでクリスマスを飾る地域活性化

今年もクリスマスシーズンの到来ですね。 各地のペットボトルツリー

若狭勝は胡散臭いのか?

若狭勝は胡散臭いという見方について検証してみました。 61才にな

若狭勝の余命は7年!ストレス芸能人の診断余命は?

若狭勝は2017年12月11日名医のTHE太鼓判!余命宣言3で余命診断

イッテQイモトの猫虐待炎上

虐待炎上の発端は11月5日の「世界の果てまでイッテQ!」でイモトが猫の

→もっと見る

PAGE TOP ↑